中川大志『ボク恋』いきなり爆死、書ききれない「ラブコメ失格」残念ポイント

拡大画像を見る

 中川大志(23)主演のドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)の第2話が7月11日に放送され、平均世帯視聴率が6.0%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)だったことが分かった。5.8%の爆死スタートだった初回から、0.2ポイントアップしたものの、低空飛行が続いている。

 このドラマは、最高に間が悪い殺し屋・男虎柊(おのとらしゅう/中川大志)が、育ての父・丈一郎(藤木直人/48)を殺した人気漫画家・鳴宮美月(新木優子/27)に報復しようと近づくが、殺すどころか恋に落ちそうになってしまうラブコメディ。

 初回から爆死した理由を探ると、まず、オリジナル脚本の設定に無理があること。イケメンで身体能力が高いものの、主人公の柊がポンコツすぎて、拳銃や毒薬を手にしてもまったく人を殺せそうに見えないのだ。

 また、丈一郎が所属していたのは、殺人を事故死に処理できる力を持ち、表社会では裁くことができない悪人を処理するという、警察の極秘の殺し屋組織。しかし、そんな組織が、人殺しは未経験な柊の報復に協力するというのに、そもそも無理がある。

■物語の本筋が弱すぎる?

 さらに暗殺ターゲットがヒロインでもあるのだから、もし殺したら物語が終わってしまう。それもあり、殺そうとしてもどうしても殺せないという展開が続くのだが、緊張感がない。いくらコメディでもシラケてしまう。

 また、美月は大人気漫画『ハリネズミ探偵・ハリー』の原作者で、テロ組織に多額の資金を提供している疑いがあるなど、謎が多いクールビューティなのだが、それを演じる新木は、演技力不足も相まって、漫画家にも殺し屋にも見えないのが残念だ。

 第2話で、美月は柊と子どものころ仲良しで、突然の彼女の家の引っ越しで離れ離れになったらしいことが明かされた。お互いが初恋の相手だったことが匂わされるため、今後、殺意と恋心の葛藤が描かれるのだろうが、これだけではストーリーの本筋として引っ張るのには弱く思える。

 さらに、美月のチーフアシスタント・水瀬千景を演じている田中みな実(34)は、新木を食いそうな存在感があるのだが、演技に力が入りすぎていて痛々しい。絶賛婚活中で柊にもちょっかいを出してくるのだが、コメディというよりも、まるでコントを見ているようだ。

■脇役は芸達者ぞろいだが…

 そのほかのキャストには美月の担当編集者・風岡役の中尾明慶(33)、警察の殺し屋組織の責任者で柊を支える綿谷役の水野美紀(47)など芸達者に加え、人気モデルで殺し屋の八乙女役の鈴木伸之(28)とイケメンも揃えているが、まだ魅力を活かしているとは思えない。

 第3話は、柊と同じく美月を殺そうとしている、八乙女の魔の手がさらに迫ってきて、柊も虎視眈々と美月を殺すチャンスを狙うらしい。次回もドタバタ劇と胸キュンシーンはありそうだが、話の大筋が見えてくる様子はないようだ。

 いっそ、早めに柊が美月殺害をあきらめ、美月が新作漫画を描くことを応援しつつ八乙女から彼女を密かに守るヒーローとして活躍したほうが、ラブコメとして違和感なく楽しめるかもしれない。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 7/17 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます