賀来賢人『TOKYO MER』絶好調視聴率を引き出した「陰の主役」ただならぬ色気

拡大画像を見る

 鈴木亮平(38)主演の日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)が好評だ。平均世帯視聴率は第1話が14.1%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)、11日に放送された第2話が14.3%と、高い数字を記録した。

 正直、前作の『ドラゴン桜』が、もっと尾を引くと思っていた。いや、見るまでは少し尾を引いていた。『ドラゴン桜』を。あとワンクール見たかったな、と思いながら『TOKYO MER』を見た。

 が、第1話からすさまじい迫力で、一気に引き込まれた! 最新医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)に圧倒されたのはもちろん、主演の鈴木亮平の説得力よ! 彼は本当にリーダーシップをとる役が似合う。東京都だけでなく地球丸ごと救ってくれそうなほどの包容力を感じる。

 そして、医療ドラマに必須の「修羅場を踏んで急成長するヒロイン」研修医の弦巻比奈役の中条あやみ(24)。彼女の清潔感と誠実な雰囲気は心から応援したくなる。非の打ち所がない立ち姿なのに、ふと漏れ出るまじめで要領が良いとはいえない、努力家のオーラ。2017年の映画『チアダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』でも、そんな彼女のイメージが素晴らしく活かされていて、思わず肩入れしてしまった。独特の「たまごっち感」を持った人だと思う。

 第2話でも鈴木が演じる喜多見から重大オペを任され、震えながら健闘する彼女の姿はこちらまで緊張した。危機管理対策室メンバーがモニターで見守りつつ「頑張れ、頑張れ……」と呟くシーンで、一緒に「頑張れ、頑張れ……」と祈ってしまった人も多かったのではないだろうか。

■賀来賢人はデキる男こそ輝く

 さらに特筆すべきは、このドラマのもう1人の主役といえる賀来賢人(32)。厚生労働省の官僚であると同時に医師でもある医系技官、音羽役だ。

 鈴木の喜多見はかなり強引に現場に入り込むため、ピンチに追い込まれることがある。そんなとき、毎回ギリギリで助けに来る賀来賢人のカッコ良さ! 私が『今日から俺は!!』(日本テレビ系)などのギャグ賢人より、『半沢直樹』(TBS系)などのキレ者賢人のほうが好みというせいもあるだろうが、控えめに見ても、デキる男を演じた彼の色気は恐ろしいほど。

 第1話、第2話続けて鈴木亮平のピンチをギリギリで救っているが、そもそもTOKYO MERチームを崩壊させるという裏任務があるという役割。今後、どう彼が動いていくか見逃せない。

 このように、キャストのハマり具合も素晴らしいが、このご時世、ドラマとはいえ「死者0人です!」というセリフは、本当にホッとするものがある。

 第3話は凶悪犯が、重病の少女を人質に立てこもる事件が発生するという。看護師の蔵前夏梅(菜々緒/32)がキーマンとなりそうなので、彼女の活躍も楽しみだ。とにかくこの時期の医療ドラマは、どんどん人を助けてほしい! 多少、強引な展開ぐらいがちょうどいい。(田中稲)

関連リンク

  • 7/17 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます