もやしスープのレシピ特集。歯応えを楽しめる中華〜和風の人気料理の作り方をご紹介

拡大画像を見る

もやしスープの人気レシピ

もやしのスープは簡単でシンプルさが一番ですよね。そこで今回は手軽に作れる人気レシピをご紹介します。

やみつきになるピリ辛中華風、時短で安定した和風味、洋風味の野菜救済レシピ、ご飯を炊けば完璧なおかずになる食べるスープなど、尽きないアレンジでもやしが足りなくなるレシピが満載です。

もやしスープの人気レシピ☆中華風

辛さと酸味にやみつき人気もやしサンラータン

豚肉、もやし、スープ、ラー油、サンラータン(酸辣湯)
出典:https://cookien.com/

酸味と辛さを同時に味わうサンラータン(酸辣湯)は、暑い季節にぴったりな中華風レシピです。

酸味はお酢、辛さはラー油によって味付けをしますが、基本は中華スープの素とお醤油ですので、白米や炒飯、焼きそばなどの料理に良く合うレシピです。

暑くて食欲が減退するような季節には、酢とラー油使いのサンラータンがおすすめ。

塩味で進む鶏手羽中の簡単うま塩スープ

手羽中、鶏肉、スープ、もやし、白菜。

出典:instagram(@ai.ouchigohan)

切る手間なく使える手羽中部分の鶏肉は、準備が簡単で美味しさも人気がありますよね。

こちらのレシピは扱いが簡単な材料を取り合わせた中華風です。

レシピ中のアルペンザルツはミネラル豊富な岩塩で、塩ブームの時には話題になりましたね。

岩塩を小さじ1杯入れることで塩気がプラスされ、汗をかく季節にはおすすめの料理です。

簡単材料で肉のだしが美味しい餃子スープ

スープ、餃子、もやし、人参、ネギ。

出典:instagram(@ai.ouchigohan)

鶏ガラやお醤油をベースにしていますが、そこへ人気の餃子を投入することで、お肉からの良いお出しがプラスされます。

冷凍餃子ストックがあれば、おかず風の汁物料理にアレンジするのも美味しいですよね。

前日は焼き餃子、翌日は餃子スープなんて使い回しもOK。炒飯の付け合わせや、焼き餃子の油が気になる方にもおすすめ。

ピリ辛で夏向きの豚もやしと豆腐の簡単スープ

もやし、豆腐、豚肉、にら、スープ、ピリ辛。

出典:instagram(@yamamoto0507)

麻婆豆腐や担々麵のような料理に使う人気の中華調味料の豆板醤を使ってピり辛さを出したレシピです。

豆板醬は辛い味噌ですので汁に溶きやすいのですが、適量を超えて入れても、卵を入れることで辛さをマイルドに調整できます。

豚肉ともやしはいつも炒め料理に偏りがちならば、時には汁物料理にしても美味しくておすすめです。

もやしスープの人気レシピ☆和風

歯応えも優しさも感じるもやしのかき卵スープ

歯応えも優しさも感じるもやしのかき卵スープ
出典:https://cookien.com/

シャキシャキとした食感ととろみのついたかき卵がふんわり優しい和風の簡単レシピです。和風だしとお醤油の味付けで、とてもシンプル。

レシピではかつお節の旨みと香りの凝縮した白だしを使っています。かきたま汁のようにだしの味が重要な汁物料理には、わざわざだしを取らなくとも薄めて使える白だしがあると非常に楽ですよ。

即席レンチンで作れる簡単もやしゴマスープ

即席レンチンで作れる簡単もやしゴマスープ
出典:https://cookien.com/

作り方は材料を電子レンジで加熱してお湯を注ぐだけで短時間で作ることができる簡単レシピです。もやしは水分が多い野菜なので、レンジに数分かければ食べやすくなりますね。

ごま油といりごまの香ばしさも手伝って美味しさ倍増です。お好みでワカメをプラスしても良いですね。こんな時のために乾燥ワカメの常備もおすすめ。

もやし入りで我が家の味になるお好み豚汁

豚汁、スープ、もやし、ネギ、人参、こんにゃく、ゴボウ、ちくわ、ネギ。

出典:instagram(@gucci.tckb)

暑い季節でも、時には根菜をたっぷりとって体の栄養補正をしたいですよね。

出された時には「暑いのに豚汁?」という家族の反応でも、時間が経ちビールや冷房で冷えてくると、温かい汁物料理はお腹が温まり助かる時があります。

もやしはどんな汁物にも合わせやすく、お味噌がよく馴染しみ美味しいので豚汁はおすすめ料理です。

シンプルだけどヘルシーなもやしと舞茸の味噌汁

シンプルだけどヘルシーなもやしと舞茸の味噌汁

出典:instagram(@gucci.tckb)

舞茸は健康料理の話題に登場するほど、ヘルシーな人気食材ですね。

舞茸からの美味しい旨みがだしとなり、味噌汁に入れると深みのある味になります。

それだけではさみしいので、もやしを投入すると、シャキシャキとした歯ごたえが舞茸とのバランスにマッチします。

一見シンプルですが、体に優しい和食にぴったりの汁物料理です。

もやしスープの人気レシピ☆アジア風

手元の食材で代用OK人気フォー風春雨スープ

フォー、スープ、もやし、すだち、パクチー、鶏肉、アーリーレッド。

出典:instagram(@ai.ouchigohan)

ライスヌードルを入れていただく、人気のベトナム料理のフォーをご自宅でも楽しめるレシピです。

鶏肉とガラスープであっさりとしています。

ナンプラーはお醤油、パクチーは三つ葉、すだちはレモン、アーリーレッドは普通の玉ねぎなど、冷蔵庫にある和風材料で代用OK。

手軽な春雨を使うので、簡単に異国情緒が味わえますね。

コンナムルクッパのような韓国風の簡単スープ

豆もやし、スープ、ネギ、ごま、ご飯、キムチ。

出典:instagram(@aoiumisiroisunahama)

人気の韓国料理クッパを日本の食卓でも楽しめるアレンジレシピです。

コンナムルクッパは、最終的にはご飯を浸して、日本でいえば豆もやしの雑炊となりますが、普段の白いご飯に合わせる汁物レシピとしてもぴったり。

材料にはもやしがあれば十分ですから準備は簡単ですし、ごまやネギなどの薬味が香ばしいお料理ですね。

豚そぼろ入り人気の坦々味噌スンドゥブ

スンドゥブ、スープ、もやし、豚ひき肉、糸唐辛子、豆腐、チンゲン菜。

出典:instagram(@gucci_fuufu)

一品でインパクトのある汁料理のスンドゥブのレシピです。

豚ひき肉はオイスターソースで炒めてしっかり味を付けてあるので、多少お豆腐からの水分が出てしまってもカバーできます。

もやしやチンゲン菜以外にも残り野菜を使っても良いですね。

味噌をベースにした汁に仕上げのごま油を小さじ1杯かけるのが絶品ポイントです。

辛さと旨みが絶品な人気ふわ卵キムチスープ

スープ、もやし、えのき、キムチ、卵、ネギ。

出典:instagram(@ai.ouchigohan)

身近な材料とキムチを合わせた短時間で作れるレシピです。キムチ好きさんも、キムチが食べきれず期限が迫る状態にもおすすめ。

卵を加えることでたんぱく質もしっかり摂れるおかず代わりの汁物レシピにもなりますね。

ふんわり感を出すためには、沸騰した状態に卵液を注ぐことと、あまりかき混ぜ過ぎないことがレシピポイントです。

もやしスープの人気レシピ☆洋風&Mix

スパイシーさが和食にも合う洋風カレー豚汁

もやし、スープ、豚汁、おにぎり、鯵干物。

出典:instagram(@gucci.tckb)

もやし入りの味噌味の豚汁から、カレー味へ洋風にアレンジした豚汁のレシピです。

豚汁に入れる材料をカレー粉で炒めてから汁を作っています。

いつもの味噌汁では食欲がわかないという時には、カレー粉のスパイシーさが助けになりますね。

カレー味にしても白いご飯や焼き魚との相性は抜群ですので、おすすめのアレンジレシピです。

ヨーグルトのワザあり鯖缶で簡単キムチスープ

もやし、スープ、キムチ、ヨーグルト、ごま、ネギ。

出典:instagram(@ai.ouchigohan)

鯖の味噌煮缶をアレンジしたレシピです。鯖特有の香りなど気になる点は、キムチやヨーグルト使いで解消できます。

キムチやヨーグルトのような発酵食品は私たちの腸内環境整備にも役立つので良いですよね。

準備が大変そうに見えますが、もやしとキムチと鯖缶の他に、次々に調味料を入れていくだけですので短時間で作れて簡単ですよ。

具たくさんで大満足の人気ちゃんぽんスープ

もやし、スープ、かまぼこ、ちくわ、人参、ねぎ、コーン、玉ねぎ、豚肉、白菜、しめじ、カニカマ、ちゃんぽん。

出典:instagram(@ai.ouchigohan)

ちゃんぽん風の汁は、自宅でも食べたいけれどどの調味料を使うのか再現に悩みますよね。

そんな時には手元の調味料で簡単にベースが作れるこちらのレシピは必見。

さらにかまぼこやちくわなど、使いかけの半分が眠りがちな食材から、もやしの他に冷蔵庫の残り野菜までも消費できます。

和風と中華混じりの美味しさは絶品です。

アレンジ無限大の基本の洋風コンソメスープ

コンソメ、スープ、人参、キャベツ、パセリ、卵。

出典:instagram(@ai.ouchigohan)

野菜で汁物を作りたい時に、コンソメスープは何かと便利ですよね。簡単で人気のコンソメキューブはキッチンの必需品。

こちらのレシピでは、冷凍のストック野菜を使っていますが、もちろんもやしもOK。

もやしは他の野菜とも組み合わせやすくてコンソメ味にぴったり。洋風の献立やパンやサンドイッチとの組み合わせもおすすめです。

もやしスープの人気レシピ☆まとめ

簡単に作れる人気レシピを集めました。作り方はシンプルで、和洋中献立に合わせやすいレシピばかりでしたね。

アレンジ次第で、刺激的な味で食欲をそそるもの、体の冷えや野菜不足の解消や、短時間料理に助かるレシピなど役割が変わるのが汁物料理の魅力ですね。ぜひいつもと違ったテイストでお試しくださいね。

関連リンク

  • 7/16 21:00
  • folk

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます