日向坂46 恐竜に大興奮 代役の潮紗理菜「貴重な体験」

拡大画像を見る

 日向坂46の潮紗理菜(23)、丹生明里(20)、松田好花(22)が16日、神奈川・パシフィコ横浜で行われた「Sony presents DinoScience 恐竜科学博~ララミディア大陸の恐竜物語~」(17日~9月12日)の内覧会に登場した。

 メンバーで公式アンバサダーの小坂菜緒(18)が体調不良で活動休止中のため代理出席したもので、潮は「入った瞬間から、まさにタイムスリップしたかのような貴重な体験」と興奮を抑えきれず。

 目玉となるのがトリケラトプス「レイン」の全長7メートル×高さ3メートルの実物全身骨格。80%の骨が形状を保ち発掘された“奇跡の化石”で、米ヒューストン自然科学博物館以外では世界初展示。丹生は「口をのぞくと、こんな気持ちで食べられたのかなって五感で迫力を感じられました」と太古のロマンに想像力をかき立てられていた。

 小坂デザインのグッズも販売され、松田は「リアルな恐竜を楽しんでから、カワイイ恐竜も感じてもらえたら」とアピールした。

関連リンク

  • 7/17 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます