レストラン級のお家ごはんへアップグレード!港区民が通う“新スタイル”のスーパーとは?

港区の住民たちの間で、にわかに話題となっているスーパーがある。

それが、今年オープンしたばかりの『METRO MARKET』である。

人気の秘密は、品揃えのレベルの高さ!有名シェフ御用達の逸品やレストラン級の惣菜など、圧倒的なクオリティの高さを誇る。

日々の食事が、ワンランク華やかで贅沢になること間違いなし!



※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。


この4月、元麻布に『METRO MARKET』という新スタイルのスーパーがオープンした。

同店は、豊洲市場の魚屋と八百屋、築地の肉屋が集結して開いた場所。

つまり、間違いないクオリティの食材が揃い、有名シェフ御用達の逸品も数多く入ってくる。

例えば、魚はその日の朝に豊洲に入った鯛が丸で並び、必要な分、必要な仕上がりで捌いてくれる。

惣菜もレストランレベル!

手前は生ハムとトマトとバジルのサラダ、奥はタコキムチで、ともに500円。デザートも作れるシェフなので、青果を使ったスイーツも用意。小パックは共に、イチジクの白ワイン煮。300円


また、もとが美味しい見切り品をお得に買えたり、常駐シェフが作るハイレベルなお惣菜もあったりする。

売り残しがないのでフードロスが出ず、消費者は自炊をアップグレード可。

理想の循環を作るスーパーだ。

鮮魚居酒屋も、喉から手が出る 「のどぐろの刺身」1,500円


「のどぐろは、刺身はもちろん塩焼きなら半身にしますし、ご相談ください。酢で締めた小肌や塩漬けのいくらなど、お鮨屋さんのように手をかけたものもあります」(鮮魚担当・河野竜太朗さん)

ステーキハウスも、喉から手が出る 「グラスフェッドビーフ」150g 1,000円


「ウルグアイ大使館とも話をさせていただいて、商社から直で入れています。日本ではまだ珍しいウルグアイビーフは、牧草の風味がして噛むほどに美味しい」(精肉担当・稲垣雅晴さん)

野菜ビストロも、喉から手が出る 「ジャンボブラウン マッシュルーム」500円


「静岡県富士市にある長谷川農産のマッシュルームは、肉厚でとてもジューシー。マッシュルーム栽培の本場オランダで技術を学んだ方で、シェフの信頼も厚いです」(青果担当・神戸正徳さん)



港区民の生活を支える心強いスーパー『METRO MARKET』。

何気ない食事のひとときを、鮮やかに彩ってくれるはずだ!


▶このほか:夏の食欲をそそる旨辛麺!日本にいながらガッツリ本場の味を楽しんで

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/17 5:00
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます