車のフィルター技術をマスクに応用! 高性能の不織布マスク「纏」発売

拡大画像を見る

 自動車用ろ過機器などフィルトレーション製品を開発・製造・販売するROKIは、約60年間のフィルター製造で培ったフィルトレーション技術を生かし、高性能フィルター不織布マスク「纏(まとい)」をECサイトで7月15日に先行発売した。9月から全国店頭で販売開始する。価格は、50枚入りが3300円、7枚入りが498円。

 纏は、フィルトレーション技術をコアに自動車・二輪車用ろ過機器や燃料電池などを開発し続けてきたROKIが、2021年に新設した月間約2000万枚の生産力を担う自社工場で不織布から一貫製造する国産の高性能フィルター不織布マスク。現在、日本産業規格(JIS)への申請も準備を進めている。
 また、纏(まとい)という名称には、「身にまとい、つきまとう有害なものをフィルターで絡みとる」というマスクの機能と「コロナ禍の沈静化を願う旗印」という想いを込めた。
 サージカルマスクレベル3の性能をもち、シール性が非常に高く、医療現場でも利用が可能。独自デザインの異形スリットと4段プリーツ、自社製耳紐、アルミノーズフィッターを備えている。また、顔の大きさに合わせて3段階のサイズ(ふつうサイズ、小さめサイズ、子ども用サイズ)を選ぶことができるため、快適なつけ心地を実現する。

関連リンク

  • 7/16 21:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます