合コン前に知っておこう!【お酒の強さ】の4タイプをご紹介♡

拡大画像を見る


皆さん、合コンといえばやっぱりお酒と男、ですよね?
お酒の強さは人それぞれですが、大きく分けると4つのタイプに分けられます。
合コンで恥をかかないよう、自分がどのタイプで、どんなリスクがあるのかを本記事を通してしっかりと理解しておきましょう!


【アセトアルデヒド】とは?

アルコールは皆さんご存知かと思いますが、アセトアルデヒドというものをご存知ですか?
アセトアルデヒドとは、二日酔いの原因にもなるアルコールが最初の段階で分解された物質のことをいい、アセトアルデヒドは、最終段階で酢酸へと分解されます。
今回は、そんなアセトアルデヒドとアルコールの分解速度からお酒の強さを4つのタイプに分け、それぞれの特徴について触れていきたいと思います。


タイプ①アルコールが抜けにくい人

1つは、アルコールの分解は遅いものの、アセトアルデヒドの分解が早いタイプ。
アセトアルデヒドの分解が早い分、二日酔いになりづらいのが特徴的ですが、
へべれけになるまで呑んでしまうと、翌朝からお酒臭が充満してしまうことも...


タイプ②内臓負担大の人

アルコール分解速度は早く、アセトアルデヒド分解速度が早いタイプはお酒が強いというイメージが持たれやすいです。
ただ、どちらの分解も早いゆえに実は内臓にダメージが及んでしまうので、
自分は呑めるから、といって飲み過ぎてしまうのは非常に危険なのでやめましょう!


タイプ③実はお酒弱いタイプの人

アルコール分解速度は早いものの、アセトアルデヒド分解速度が遅いタイプの人は、酔いが抜けるのがとにかく遅いのが特徴です。
お酒を飲んで分かりやすい変化などはないものの、アセトアルデヒド分解速度が遅いため、さまざまなリスクが考えられます。


タイプ④場数を踏んで頑張る人

どちらの分解速度も弱い、いわゆるお酒に弱いタイプの人は、場数を踏んで強くなろうという傾向があります。
多少は強くなるものの、やはり分解速度に変化はでてこないので、お酒はほどほどで気持ちよく酔える程度で抑えておくと良いかと!
ちなみに、私はこのタイプですが、無理しすぎて当日何度も失敗した経験があるので、見栄を張らないに越したことはないです。


おわりに

合コンはやはり皆さんよく思われたいですよね。成人同士であれば、おそらくお酒の場でお話をすると思いますが、
自分の体質をしっかりと抑えていなければ幾度の失敗を重ねてしまうことに...
皆さんがもしこの先合コンをする予定ができたなら、当日までには自分のお酒のタイプや限界を知っておくことをおすすまします!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/16 20:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます