外国人選手や記者はルール無視のやりたい放題!? 「穴」だらけの水際対策でお先真っ暗な東京五輪(1)

拡大画像を見る

新型コロナウイルスの感染が猛烈に広がるなか、東京五輪・パラリンピックの開幕まで1週間に迫った。海外メディアの中には「ゴジラ変異株の誕生か!」とまで危機感を募らせるところもある。

しかし、外国選手団らの入国ラッシュがピークを迎えるにつれ、水際対策のザル状態が明らかになってきた。感染防止対策の要である「バブル方式」が崩壊しているのだ。

大丈夫か、ニッポン!

「能天気」バッハ会長に「嘘つき!」の罵声

IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長がいかに能天気な人物か――。主要メディアの報道をまとめると、2021年7月13日、久しぶりに橋本聖子・大会組織委員会会長に再会した時、

「今、最も大事なのはチャイニーズピープル(中国人)の安全安心...」

と、日本人を中国人と言い間違えた。すぐに、「ジャパニーズピープルの安全安心」と言い直したのだ。

「どこの国で五輪を開いているつもりなのか」

と、多くの日本人を呆れさせた。その翌14日、菅義偉首相と会談した時は、こんな驚くべき発言をしたという。

「コロナの感染状況が改善した際には、ぜひ観客を入れてほしい」

誰かこの人物に日本の感染状況を教えている人物がいないのか。さすがに首相官邸もこのやりとりをなかったことにしたが、TBSがスクープ。7月15日夜に報道した。報道陣の取材に応じた組織委幹部は、こう嘆息した。

「バッハ会長の要望は大変に厳しい。検討もしていない」

と、完全否定したのだった。

こんなバッハ会長だから翌15日、小池百合子・東京都知事と会談した時もハプニングが勃発した。小池都知事に誕生祝いの花束を贈った時、報道陣の近くから大きな罵声が飛び、会場が凍り付いた。英語だった。

「Bach! You are liar! Airport is dangerous! Bubble is broken!」(バッハ、お前は嘘つきだ! 空港は危険だぞ! バブル方式は破綻した!)といった内容だった。

「自称ジャーナリスト」の男で、数人の警備員にすぐにつまみ出された。スポーツ各紙によると、これまでも何度か都庁でトラブルを起こしている人物だという。

コカイン吸引で逮捕された五輪スポンサー社員

しかし、この人物が放った言葉の少なくても後半は正しい。各国からの代表団の入国ラッシュがピークに達している現在、バブル方式が崩壊していることが明らかになった。主要メディアの報道を列挙すると、こんな案配だ。

まず、代表チームの選手や関係者に新型コロナの感染者が続出している。福岡県宗像市では、市内に合宿中のロシアの7人制女子ラグビーチーム・スタッフが陽性と判定されて入院した。静岡県浜松市ではブラジル柔道代表が合宿しているホテルの従業員と家族が感染した。問題なのは、ほかにも誰がどこで感染しているのかわからないことだ。

組織委は15日に7月1日以降、大会関係者は計26人が感染したと発表したが、うち海外選手は1人だけとしている。個人情報保護を理由に、国籍、競技、性別などを一切明らかにしない。ロシアの選手だとわかったのは自治体が発表したからだ。こんな秘密主義で、五輪期間中に1万8000人が宿泊する選手村のクラスターを防げるのか――。

五輪スポンサー企業のスタッフによる悪質な違法行為もあった。警視庁は7月13日、五輪のために来日していた英企業「アグレコ」の米国人と英国人の電気技師計4人をコカイン使用の麻薬取締法違反容疑で逮捕した。東京・六本木のバーで深夜まで飲酒した際、コカインを吸引した容疑だ。

「アグレコ」は東京五輪の全43会場の電源設備管理を請け負う会社で、大会オフィシャルサポーターだった。

コカイン使用など論外だが、そもそも大会関係者がバーなどに出入りするのは感染防止のルール集である「プレーブック」に違反している。しかも、東京は酒類の自粛期間中である。

(福田和郎)

関連リンク

  • 7/16 19:45
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます