大友花恋 「Seventeen」専属モデル卒業へ 「淋しさはひとしおです」

拡大画像を見る

 女優の大友花恋が、約8年間務めた女性ファッション誌「Seventeen」の専属モデルを卒業することが16日、分かった。

 8月1日発売の9月号で有終の美となる両面表紙を飾り、恒例イベント「Seventeen 夏の学園祭2021」(8月18日オンライン開催)が“卒業式”となる。同イベントでは、過去にも榮倉奈々、桐谷美玲、武井咲、広瀬すずら売れっ子女優陣が卒業を迎えている。

 ミスセブンティーン2013でグランプリを受賞して以来、約8年間の同誌専属モデルは歴代最長記録。すでに卒業している永野芽郁、横田真悠と「かれまゆめい」の愛称で親しまれた。短編小説を約2年半にわたり執筆したことも話題を呼んだ。

 故郷とも呼べる同誌からの旅立ちに大友は「私があるのはSeventeenのおかげです。今の大好きで心安らぐ場所から離れることへの淋しさはひとしおですが、Seventeenの名前に恥じないよう、勇気を持って一歩を踏み出します」とコメントを寄せた。

関連リンク

  • 7/16 19:11
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます