仙台、フロントスタッフ1名から新型コロナ陽性判定…濃厚接触者はなし

拡大画像を見る

 ベガルタ仙台は16日、フロントスタッフ1名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。クラブ公式サイトで伝えている。

 今回の発表によると陽性判定が明らかとなったのは15日で、当該スタッフは現在発熱などの症状はなく自宅療養中とのこと。また、所轄の保健所の検査により濃厚接触者なし、検査対象者2名と診断され、対象者は16日午前中にPCR検査を受検したという。

 なお、当該スタッフはクラブ本社に今月13日のみ出社しており、同日に出社していた他のスタッフ全員に対してもPCR検査を実施。現段階で他スタッフに体調不良や発熱などの症状は見られないという。

関連リンク

  • 7/16 19:08
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます