バイきんぐ、演出ディレクターが語る「バイきんぐ単独ライブ」の裏側(1)「出会ったのは優勝した『キングオブコント』の時。小峠が泣いて僕も泣いて西村は笑ってました」

拡大画像を見る

コンビ結成25周年を迎えたバイきんぐの単独ライブ『STRAIGHT』が、7月17日と18日に開催される。公演チケットは即日完売となったが、今回はバイきんぐ単独ライブ初となるウェブでの配信を敢行。そして、18日日曜日の公演ではVR生配信が行われる。かつてない臨場感で小峠英二のキレのあるフレーズと、西村瑞樹の底知れなさを体験できるこのライブのディレクションを務めたのが、ニュー・ジェネレーションの代表取締役・高木剛氏。彼らのサクセスを間近で目撃してきた高木氏が、徹夜で幕間VTRをつないだ後にこの取材に応じ、バイきんぐのコントの魅力とVR配信、そしてお笑いのこれからについて語ってくれた。(第1回/全3回)

―今回のVR配信、非常に興味深い試みですね。高木さんは、これまでもバイきんぐの単独ライブにかかわってきたんですか?

「2012年にバイきんぐが教習所のコントで『キングオブコント』に優勝したんです。『キングオブコント』は決勝まで行くと、担当ディレクターがつくんですよ。で、僕が担当ディレクターについたんです」(高木剛氏=以下同)

―それがキッカケですか?

「はい。決勝に上がってくるまではバイきんぐを知らなくて。ただ、ウワサは聞いてました。“こんなヤバい、いまブイブイ言わせてるのがくるぞ!”みたいな話は聞いていて。僕も準決勝を当時ライブハウスだった赤坂BLITZで見ていたんですけど、圧倒的に面白かったんです!」

―なるほど。

「担当ディレクターは本当は若手スタッフがやるんですけど、僕はいま47歳で、ディレクターとしては全然ロートルで(笑)。ただ、好きなんです。芸人さんのネタとかが。

 で、年功序列じゃないですけど“好きな芸人を選んでいい”って言われたから、即答でバイきんぐを選びました。もう絶対に優勝すると思ったんですよ」

―眼力がすごいですね。

「優勝するのは確信していましたが、実際にバイきんぐがキングオブコントで優勝するのを後ろで目の当たりにしていて。そこから小峠が義理堅い男で。なにせ、売れてなくて、ギリギリまで害虫駆除のアルバイトをしてましたからね(※小峠は『キングオブコント』当日もバイトしていた)。

 だから、たぶんテレビのディレクターという存在をそれまで知らなかったんですよ」

―高木さんと『キングオブコント』で出会うまで?

「おそらく。僕は小峠の初めてをブチ抜いてやった、みたいな(笑)。ディレクターとして初めての男になったんです。そしたら、忘れられない思い出になったのかな。アイツ、ゲン担ぎとかもするんで。センスとかより、そういう部分で縁起がいいから、僕と一緒にライブをやっているんじゃないかな」

―そんなことないんじゃないですかね(笑)。

「僕もここまでバイきんぐが売れるとは思ってなかったですけど、これだけ売れたらいろいろな名ディレクターさんと絡んでいると思うんですよ。でも、“単独ライブは高木さんで”って言ってもらえると嬉しいですよね。僕もその気持ちがあって裏切りたくないから、一生懸命やらせていただいてます」

―すごくドラマチックでいい話ですね!

「いいものを見せてもらったんですよ。分かりやすいバイト生活の売れない芸人がバカみたいに売れる姿を目の当たりにしてきたので。僕はテレビ番組がベースのディレクターですけど、そんなに何人も見れるものじゃないですよね。やっぱり、ある程度売れた人がテレビに出てくるわけじゃないですか。それが、まったくのベースゼロで、面白いってウワサだけの人間がメリメリ売れていくのを見ると、ちょっとカン違いしますね。“俺も売れてるのかな?”って(笑)」

■「あの嬉しかった体験は、本当に今でも忘れられないですね」

―『キングオブコント』収録時は高木さんも後ろで見ていて、どんな気持ちでしたか?

「恥ずかしいけど、泣きましたよ。僕らは舞台裏にいて。キングオブコントと言っても、基本的にバイきんぐのネタに介入するわけではないので。担当ディレクターがやれることは、セット作りとか。テレビ向けのセットとか向きとかをあまり気にしてやってこなかったコンビだったから、そういうアシストをする仕事なんです」

―そういう仕事なんですね。

「それくらいしかしていなかったにもかかわらず、“なんて日だ!”って小峠が言ったとき、笑うって分かってるのに、お客様がバーンって笑た時にものスゴく高揚しましたし、あの小峠がキングオブコントで優勝したとき、アイツ泣いたんですよ」

―そりゃあ泣きますよ。

「その涙を見て西村は笑っていて。その涙を見て僕がもらい泣きするっていう、もうワケが分からない状態で(笑)でも、あの嬉しかった体験は、本当に今でも忘れられないですね。本当にありがたかったです」

―本当に最高の出会いですね。それで小峠さんも、高木さんに対して「ずっとやってください」というイメージを持って。それで、ずっと単独ライブを……?

「そうですね。“来年は辞めてくれ”って言われるかもしれないですけど(笑)。辞めてくれって言われるまでやりますよ!」

―基本的に単独ライブのディレクション、演出というのは、お付き合いのあるテレビで一緒に仕事したディレクターさんにお願いするのが、一般的なパターンなんですか?

「そうですね。そういうパターンが多いと思います。もしくは、劇場のころから座付きでいるみたいなスタッフさんが撮るパターンじゃないですかね? いまYouTubeを業界でもやってますが、あれも近しい感じだと思います。テレビで知り合ったディレクターさん、たとえばとんねるずの石橋貴明さんなら、マッコイ斉藤さんですね。

 僕で言うと、今田耕司さんは、僕と一緒にYouTubeをやっています。そういう繋がりでやらせていただいてる感じですね。

まあ、バイきんぐはコンビではYouTubeはやっていませんけどね。西村が単独でイカれたキャンプをやってるだけで、あのキャンプ場には死んでも行きたくないから、それはイヤですね(笑)」

―(笑)

「西村の山、知ってますか? 群馬の山奥にあるんですけど、テニスコート2枚分の、ただの斜面なんですよ! 絶対行きたくないです。水源も電源もない。ただの山!」

―「山を買った」と聞いていたので、すごい感じで買ったと思ってました。

「2枚分くらいの山です。ただの坂。絶対行きたくない。不便しかないです。

 ただ、そのキャンプ場でYouTube撮影しても、無言でビール飲んでるだけとか、山を見てるだけとか、撮れ高がなさすぎて怖いですよ、そんなロケ」

―ディレクターとしてはありえない?

「そうですね、何がいいか分からない状態なので、それを20万人の登録者が見てるのは、ちょっと理解できないですね(笑)」

■「西村は歳を重ねるごとにイカレます(笑)」

―2012年の『キングオブコント』から、約10年。彼らの印象はどんな感じですか?

「魅力というと、さっき話した“なんて日だ!”のあの日以来、彼らに受けた衝撃は変わらないですね。いま喋っても小峠の切れ味は面白いですし、西村は喋れば喋るほど、なんて頭のおかしいやつなんだと思いますし」

―まだそう思いますか!

「アイツね、西村は歳を重ねるごとにイカれてきてるんです。アイツ本物なんじゃないかなってちょっと不安に……。これ小話なんですけど、この前、単独ライブのロケをつい3日前くらいにしたんですよ。ロケに行くときはいつも西村が車を運転して、小峠をキャンプに連れていくんです。で、僕らは演出はかけずに、追いかけてただただ俯瞰で撮るロケを毎回しているんです」

―なるほど。

「で、西村が小峠を迎えて、車に乗せて出発するのを僕の車で追いかける。“車で向かってます!”みたいな並走シーンはテレビでよくありますよね。当然それは撮る。しかも何回もやっているロケだからもちろんわかってるはずなんですけど、アイツ車で小峠と出発したら、僕らを撒いたんです! 考えられないでしょう!?(笑)」

―ウソでしょ!

「“一緒に撮る”って言ったんですよ?“ちょっと待っとけ”って言ったのに撒いたんですよ! で、そのときに小峠は、アイツも変な趣味があって……。小峠は僕と一緒にやるロケは半分オフだと思っているみたいで。僕も飲酒OKにしながらロケをしてるんです。小峠はお酒好きだし、オフっぽい、テレビじゃない感じで撮りたいから。

 でも、アイツのっけからビール片手に助手席に乗って、窓を開けながら飲むんです。その理由が、“仕事で一生懸命働きながら飲むビールがこの世で一番うまい”って思ってるんですよ。で、それをしながら隣で相方は僕を撒くんですよ。もうイカれてるでしょ、こんなコンビ。いまだにですよ?」

―つい3日前の話ですよね?

「そうです。この話は僕も腹立つんで、ライブのVTRに入れてます。みんなに見てもらおうと思って。どんなにイカれてるのか、わかってもらおうと思って。“芸人はマジ危ねぇんだ”というのを分かってもらいたくて。アブナイです、アイツらは。

「ライブの単独VTRの撮影だとお酒が入ってるのもありますけど、過激な放送禁止用語をお互いに連呼して、どっちが良かったか言い合いするんです。車の中は2人しかいないから、撮れたのを観たらずっと●ァックって言い合ってるんですよ。

 で、キャンプ場に到着したら、キャンプ飯を西村が毎回作るんですけど、ドン・キホーテで(※以下ネタバレのため伏せます)。そうしたら、キャンプ場で小峠がそれを見るなり第一声が(※以下ネタバレのため伏せます)」

―(笑)

「どういう……。“腹減った”ってさっきまで言ってたのに(※以下ネタバレのため伏せます)って言って、小峠が本当に(※以下ネタバレのため伏せます)」

■「“難しくない”ところがバイきんぐのコントの魅力だと思います」

―バカだなぁ。すげぇ……。

「ほんとにバカ。だってそれ、キャンプ場に着いて5分後にあったことですからね。5分ですよ、5分。“景色いいなぁ!”とかあるでしょ普通。ないんですよ! キャンプ中、全面的にそんな感じでした。

 最終的に小峠が発言したのは、“何だこれ! ずっと罰ゲームばっかりやらされてるじゃないか俺たち!”。いや、お前が言い出すからそうなってるだけで、俺はそんなのが撮りたいわけじゃなかったとは思いました。まあ、それは放し飼いです。僕も演出はかけない。撮れたものを見やすくだけして、見てもらいます」

―誰にも言われないのに罰ゲームをやりつづけるのはスゴイですね。

「本当に理由なくですね。でも、それがバイきんぐのいいところでもあって。ライブのネタにも反映されているところもあるんですけど、『バイきんぐ』のコントって、何本か見ればわかると思いますが実は“難しくない”んですよ」

―難しくない?

「誰が見ても分かりやすく、“ここが笑いどころだよ!”ってところで小峠が声を張りますし。だいたいコントのキャラは小峠がツッコミ、西村がボケ役で、西村が、とにかくクレイジーなタイプの人間になるんですね。で、西村はそもそもがクレイジーなので、そういう役がうまいんですよ。

 で、小峠は小峠でツッコミっぽく言うんですけど、ディティールがね。あんなズル剥けの頭しているヤツがツッコんでも、それはボケっぽく見える。だから、彼らのコントは中身の構成がしっかりしてるのも含めて、いちばんいいところは“難しくない”ところです」

―素晴らしいですね。

「そのコアにある根っこというか腹にある部分が、ウ●コとかチ●チ●なんで、それがライブに出ちゃう。そんな感じだと思います」

―いいですね。根本がそこなんですね。

「そこですね。いまだにそれを出したら面白いと思っているフシがあるので。もう芸歴25年ですからね! ダウンタウンさんにも憧れていますけど、志村さん(志村けん)とかも見ている世代だと思うので、やっぱりそういう笑いは外せないんだと思います、根っことして」

―単独ライブだと、そういう部分がむき出しに出てくる、ということですか?

「そうですね。テレビでご覧いただくときは、コンプライアンスに気にしたバージョンが流れる感じですかね。そういうことです。剥き身なヤツは、ライブでこそ観られます」 

関連リンク

  • 7/16 19:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます