瑛人が島田秀平に指摘された「運の良い人」の“口癖”とは

拡大画像を見る

 シンガーソングライター・瑛人を一躍ブレイクさせたのは、2019年にリリースした楽曲「香水」である。CDリリースはせずに、TikTokで再生数が一気に伸びるという一昔前では想像もつかない火のつき方で、瑛人のYouTubeチャンネル「瑛人♪」の19年5月28日投稿回〈香水/瑛人(official Music Video)〉の視聴回数は、1億4000万回突破の驚異的な数字を誇り、昨年は「NHK紅白歌合戦」に初出場も果たす活躍ぶりだった。

 そんな同チャンネルに、タレントで手相占い師の島田秀平が出演。5月19日投稿回で、占いの観点から「0から1を生み出す力に恵まれた閃きの才能を持っている」と瑛人を分析し、「どういうときに閃くんですか?」と島田が質問。これに瑛人は「いきなりですね。二日酔いのときとかに、曲とか…」と、あの「香水」が二日酔いのさなかに生まれたとし、「だいたい二日酔いの日に、歌詞から書くんじゃなくて、メロディと歌詞を同時に歌う」と裏話を打ち明けた。

 一方、コラボとして島田のYouTubeチャンネル「島田秀平のお開運巡り」の、7月13日投稿回に瑛人が出演した際には、瑛人自身、「まあ、いっか」が口癖であると告白。これに島田は「運の良い人の特徴、口癖って、『まあ、いっか』なんですよ」とこちらも驚きの指摘。諦めが早いといったデメリットな点だけでなく、「切り替えが早くいける。引きずらないっていう言葉、魔法の言葉なんですよね」とし、瑛人を喜ばせていた。

 一般人にとって二日酔いの日に名案が浮かぶとことはなかなか難しいが、「まあ、いっか」の口癖なら実践できそう?

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 7/16 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます