辻萬長 腎盂がんで来年大河「鎌倉殿の13人」を降板 代役は浅野和之

拡大画像を見る

 俳優・辻萬長(77)が腎盂(じんう)がんの治療に専念するため、来年放送のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を降板すると発表した。所属事務所・ワタナベエンターテインメントの公式ホームページで発表された。NHKも同日、病気療養のため出演を辞退したと発表した。代役は浅野和之。

 所属事務所のHPでは、「かねてより患っておりました腎盂(じんう)がんの治療に専念するため、番組スタッフの皆様と協議の上、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を降板させていただくこととなりました」と報告した。

 辻は主人公・北条義時(小栗旬)の祖父、伊東祐親役で出演予定だった。NHKは「ご回復を心よりお祈り申し上げます」とのコメントを発表した。

 代役の浅野は大河ドラマは3回目の出演となる。

 (※『辻』は一点しんにょう)

関連リンク

  • 7/16 15:12
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます