2季連続のタイトル獲得なるか…ムニアインが意気込み「素晴らしい挑戦がある」

拡大画像を見る

 アスレティック・ビルバオのスペイン代表MFイケル・ムニアインが、新シーズンに向けて抱負を語った。15日、クラブ公式サイトが伝えている。

 2020-21シーズンのムニアインは公式戦35試合に出場し5ゴールを記録する活躍を見せ、1月に行われたスーペルコパ・デ・エスパーニャ(スーパーカップ)優勝に大きく貢献。また、公式戦通算出場数も458試合に伸ばし、クラブ歴代8位に到達している。

 新シーズン開幕に先立って、ムニアインは「サン・マメス(ビルバオの本拠地)で再び僕たちを見るために、長い間待っていてくれたファンに感謝したい」とコメント。続けて「僕たちの前には素晴らしい挑戦がたくさんあるんだ。ヨーロッパの舞台に戻り、ラ・リーガで安定した成績を収め、スーパーカップを連覇し、再びコパ・デル・レイ(国王杯)に挑む。サン・マメスの仲間たちと一緒にこの目標を成し遂げられることを願っているよ」とファンに抱負を述べた。

 その一方で、2020-21シーズンを振り返ったムニアインは「ヨーロッパでは、同じシーズンに3つの決勝戦(新型コロナウイルスの影響で2019-20シーズンの国王杯決勝延期分)を戦うチームはほとんどない。取り組むべきことがたくさんあったし、反省することもあった。今はそのような細かい部分の改善に取り組んでいる」と国王杯決勝での2度の敗戦を糧にしていることを明かした。

 また、ムニアインを筆頭にこれまでに数多くの有望な選手を輩出してきた下部組織について、同選手は「新しいプレシーズンが始まるたびに、トップチームに何かをもたらす可能性のある若手選手が入ってくるのを見て、僕は元気づけられるよ」と告白。さらに「ファンは常に新しい顔を待っている。これらの若い選手たちが良いパフォーマンスをして、今後何年にもわたってアスレティック・ビルバオに在籍することを僕は切望しているんだ」とクラブの未来への希望を語った。

関連リンク

  • 7/16 14:21
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます