城咲仁&加島ちかえ「元カリスマホスト直伝!女性の口説き方」麻美ゆまのあなたに会いたい!〔後編〕

拡大画像を見る

 前回に続いて、元カリスマホストの城咲仁さんと、ものまねタレントの加島ちかえさん夫婦との対談です。今年4月に結婚したばかりの新婚さんであるお二人。私は、ちかえさん(以下=ちかちゃん)とは、昔からのお友達だったので、まさかホストと結婚するなんて、夢にも思わなかったんですが……意外や意外。結婚までのなれ初めを聞いていると、ちかちゃんのほうがサバサバしていて、仁さんは、かなり乙女だったことが判明。そんな性格も真逆の二人が、どうして夫婦になったのでしょう?

ゆま「ここまでの話を聞くと、仁さんのほうが、ちかちゃんに夢中だったんですね」

城咲「そうですね。気づいたら、彼女のことばかり考えるようになっていて」

加島「ね、気持ち悪いでしょ?(笑)」

ゆま「いいじゃない。告白したのも、仁さんから?」

城咲「はい。告白してから、1週間後にまた、連絡したんです。よかったら、食事に行きませんかって」

ゆま「おお。返事をもらうため、ですね」

加島「ただ、その日は私、仕事関係の食事会が入っていたから、行けるかどうか分からなかったの。だから“早く終わったら、行けます”って返事して……」

城咲「とにかく、会えることを願って、俺は一人で、店に行って待つことにしたんです。スーツまで着て」

ゆま「すごい。会えるかどうか、分からないのに……」

城咲「緊張しましたね。告白してから1週間、その間に、彼女が何を考えていたのかも分からないし」

ゆま「確かに、不安だらけですよね。結果的には、その日に会えて、ちかちゃんも“私でよかったら”って、つきあうことになったんだよね?」

加島「まあ、そうかな」

城咲「この際だから聞きたいんだけど、俺が告白してから1週間、どういうことを考えてくれていたの?」

ゆま「それ、私も聞きたい! ちかちゃんなりに、いろいろと考えてたんでしょ?」

加島「えっと……うーん、何も覚えてない(笑)」

城咲「ええ!? そこ、一番大事なところだろ?」

加島「だって、覚えてないんだもん!」

ゆま「覚えてないことはないでしょ(笑)。ちかちゃんも、仁さんのことが好きだと思ったから、つきあったんだよね?」

加島「そうだけど、好きになるのって感覚でしょ? なんとなく波長が合うなぁとか、一緒にいて楽しいなぁとか」

ゆま「でも、つきあうってなったら、もっと、真剣に考えるでしょ?」

加島「だって、考え出したらキリがないじゃん。仁さんは、ホストの世界で生きてきて、女性関係も派手だっただろうし、私に言っていることを他の女性にも言っているかもしれない。でも、そんな難しいことを考えても、何も進まないじゃん」

ゆま「……そっか。もっと自分の感覚を信じて、好きになってもいいんだね」

加島「ゆまちゃんは、考えすぎちゃうもんね」

ゆま「そうなんだよね~」

■男性は年を取るほど女性から嫌われる!?

加島「私の中では、ゆまちゃんは“小悪魔の神”だけどね(笑)」

ゆま「ええ!? なんで?」

加島「前に話してたじゃん。たまに自分から、“寂しいから、会いたい”って言うと、男性は喜ぶって」

城咲「うわあ、それは小悪魔の神だね」

ゆま「いやいや、違いますって。これには理由があるんです。女性はつきあっている男性から“寂しい、会いたい”って言われると、キュンとくるでしょ?」

加島「うん。かわいいなぁ、って思っちゃう」

ゆま「ね。だから、男性も同じことを言われたら、うれしいんじゃないかなぁ?と思っただけ。違います?」

城咲「はい、うれしいです。かわいいなぁと思います」

加島「ほら、やっぱり小悪魔の神だ。そういう男心を狙って、寂しくもないのに“寂しい”とか言うんですよ。皆さん、気をつけてください!」

ゆま「違ーう! 気づいたら、私がいじられてるじゃないですか。そうだ、大事なことを忘れていました。読者の方から、“夫婦ゲンカをしたときの対処法を教えてください”とのお便りが届いていたんです。お二人にも聞いてみようと思います」

城咲「あ~、うちはルールがありますよ。ケンカをしたら、その日のうちに向き合うんです。2日も3日もケンカ状態が続くと、時間のムダじゃないですか」

加島「そうだよね。長引かせない。ケンカになるってことはお互い悪いところがあったわけだから。まずは自分の非を認めて、話し合えば解決すると思います」

ゆま「いい話。確かに長引けば長引くほど、お互い引けなくなってきますからね。では、もう一つ。ちかちゃんに怒られるかもだけど、仁さん! 元カリスマホスト直伝の、うまい女性の口説き方を教えてください」

城咲「自分は今、43歳なんですけど、男性って年を取るほど、自分のメリットだけで、女性を口説こうとするんです。自分の都合ばかり考えていて。だけど、これだと嫌われます。相手が何を望んでいるのかを、一番に考えないといけない。たとえば、デートに誘うにしても、まずは自分よりも、相手の時間を大切に考えるべきなんです」

ゆま「なるほど。ちかちゃんとのデートでも、仁さんは一人で店に入って“来れたら、来てね”というスタンスでしたもんね」

城咲「そんな感じですね」

加島「ふーん、そうなんだ(笑)。へえー」

ゆま「あ、ヤバい。そろそろ私は、退散しますね」(おわり)

●しろさきじん 1977年9月23日、東京都生まれ。新宿のホストクラブでNO.1ホストを務めた、元カリスマホスト。現在はタレントとして活動中。

かしまちかえ 1989年2月13日、兵庫県生まれ。ものまねタレントとして活動し、人気番組にも多数出演。2021年4月、城咲との結婚を発表。

関連リンク

  • 7/16 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます