イリーナ・シェイク、カニエ・ウェストからのパリ行きを断っていた「交際のイメージを持たれたくない」関係者が明かす

拡大画像を見る

『Page Six』の情報筋は、カニエ・ウェストがロシア出身のスーパーモデル、イリーナ・シェイクにパリのクチュール・ショーに一緒に行くよう申し込んだが、彼女はそれを断ったと話している。

「イリーナはカニエのことを友人として好いてはいるが、関係を持つことは望んでいません。彼女はカニエと交際しているというイメージを持たれたくないのです。もし2人がパリに現れたら報道されてしまい、また1か月間『彼らが付き合っている』というニュースが流れることになるからでしょうから。」

同人物は続いて、6月に報道された南フランスでのバカンスについてこのように説明した。

「イリーナは友人として、50人が出席するカニエの誕生日パーティに参加しました。今の彼女は誰とも交際したくはなく、シングルでいることに満足しているのです。」

イリーナは現在、元恋人で俳優のブラッドリー・クーパーとの娘レアちゃん(4)を共同養育しており、カニエは約7年間結婚生活を送ったキム・カーダシアンと離婚申請中だ。

カニエが44歳の誕生日を迎えた現地時間6月8日には、イリーナと南フランスのプロヴァンス地方にあるリゾート地で散歩する姿がキャッチされた。

当時『Daily Mail Online』は2人が現地にある豪華ホテルに3泊したと報じており、米時間9日には米ニュージャージー州のテターボロ空港に到着したプライベート機から2人が別々に降り立つ様子が目撃されていた。

この件が報じられた際『Page Six』の情報筋は、「カニエとイリーナは交際している。今のところカジュアルな仲だが、お互いに夢中のようだ。数週間前から付き合いは続いている」と証言していた。

イリーナは2010年にカニエの楽曲『Power』のMVに出演して以来の友人で、その2年後のパリ・ファッション・ウィークではカニエが展開するブランドのモデルとしてランウェイに登場するなど長年にわたり友好関係を築いてきた。

『US Weekly』の情報筋は「カニエとイリーナは、以前のように会話をしていない。彼女は友人でいたいし連絡を取り続けたいと思っているものの、少し引いているようです」と明かし、こう続けた。

「イリーナはカニエのことが好きだが、今後数か月間は世界中の公の場で何度も一緒に登場するといった準備はできていないようです。」

この件に関し、カニエとイリーナの代理人はコメントを控えている。

画像1枚目は『irinashayk 2019年7月14日付Instagram「@fiaformulae today」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 7/16 11:20
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます