人気モデル、妊活が実って第2子妊娠。グラマーな妊婦姿にドッキリ

拡大画像を見る

 元祖「プラスサイズモデル」として絶大な人気を誇るアシュリー・グラハム(33)が、第2子妊娠を発表した。昨年1月に息子を出産して以降、産後ママのリアルな姿をSNSなどで発信し、女性たちの共感を呼んできたアシュリー。2人目に向けて妊活に励んでいることも明かし、「排卵期に“うっかり”避妊しなかった」と赤裸々に語っていた。

◆夫撮影のマタニティーフォトでオメデタ報告

 昨年1月に息子アイザック君を出産したアシュリーが、第二子を妊娠中であることを報告した。

 13日にインスタグラムを更新したアシュリーは、映画監督の夫ジャスティン・アーヴィンが撮影したマタニティーフォトを投稿。次のようなキャプションを添えて、2人目の子供を迎えることを明らかにした。

「この1年は、小さな驚き、大きな悲しみ、慣れ親しんだ始まり、そして新しいストーリーの連続だったわ。次の章が私たちにとって何を意味するのかを理解し、お祝いを始めたところよ」

 2010年に結婚した夫婦は、結婚9年目で待望の第一子を授かり、2020年1月に長男アイザック君が誕生した。

 夫ジャスティンはかなり子煩悩なパパのようで、先月の父の日には、アシュリーが夫を称賛するメッセージをインスタに投稿していた。

「アイザックは、あなたのように協力的で、愛情深くて、思いやりのある素晴らしいお父さんを持って、とても幸運ね。あなたが父親になっていくのを目の当たりにできることは、最高の贈り物よ」

◆産後ママのリアルな姿や夫婦生活も包み隠さず発信

 いわゆる“ぽっちゃり”モデルの先駆け的な存在であるアシュリーは、世の中の女性にありのままの姿を愛する大切さを提唱する「ボディアクティビスト」としても幅広い支持を得ている。

 アイザック君を出産してからますますパワーアップし、妊娠線をあえて隠さずに水着姿を披露したり、悪露と呼ばれる出血の対策として使い捨て下着を着用している姿をSNSでアップしたり、産後の女性が直面する現実を積極的に発信してきた。

 また、産後の性生活についても率直に発言。昨年には雑誌のインタビューでこう語っていた。

「たくさんの女性から、出産後に性行為を再開するのは怖くなかったか?って聞かれた。私は全く怖くなかったわ。だって、女性器が出産後に元に戻ることを知っていたから」

 さらに今年2月には、アイザック君に兄弟ができることを望んでいるとして、妊活に励んでいることを告白。「授乳期間中に妊娠するかどうかを確かめるために、排卵期に“うっかり”避妊しなかったことがある」と赤裸々に明かしていた。

 今年4月にトーク番組に出演した際も「今まさに取り組んでいるところ」と話し、家族を増やすべく妊活に励んでいることを打ち明けていた。

 一方で、昨年のロックダウン中には、子育て中の女性たちにこんなメッセージを送っている。

「産後ママはいつだって孤独で、どうすればよいか迷うことばかり。自主隔離(外出自粛)中ならなおさらね。新米ママの皆さん、どう対応していますか?」

 女性の妊娠、出産、子育ては、必ずしもキラキラした良い事ばかりではない……女性が直面する現実をありのまま伝えてくれるアシュリーに今後も注目していきたい。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>


関連リンク

  • 7/16 8:44
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます