何してくれんねん!男性が嫌がるNGスキンシップとは

拡大画像を見る


スキンシップは愛情を相手に伝えるための大切な行為ですよね。でも、そのやり方次第では男性をがっかりさせていることも。あなたのスキンシップは大丈夫ですか?そこで今回は、男性が嫌がるNGスキンシップをご紹介します。


人前でのスキンシップ

友だちの前や公共の場で、彼にハグしたりキスしたりしていませんか?人前でこれらのスキンシップをされるのを嫌がる男性は多いようです。彼とのお出かけに気持ちが高まったとしても、人前でのキスやハグはグッとこらえて。人前でも受け入れやすい、「手をつなぐ」「腕を組む」くらいのスキンシップにしておきましょう。


集中しているときのスキンシップ

男性の多くは、集中しているときに周りに邪魔されるのを嫌います。とくに大きな仕事をかかえているときは、ひと段落つくまで他のことに手がつかないほどなのです。こんなときに無邪気にスキンシップを仕掛けても、彼をイライラさせるだけ。彼が集中しているときは、そっと見守ってあげましょう。


過剰なスキンシップ

付き合う前に、意味もなくベタベタと何度も触るスキンシップはNGです。彼はあからさまに狙われている気がして、気持ちが冷めてしまうかもしれません。あなただって「軽い女」認定されてしまうでしょう。彼を意識させたいなら、ソフトなタッチで回数を少なめにするのがおすすめですよ。


くすぐるスキンシップ

足の裏や脇腹などをくすぐるスキンシップを彼にしていませんか?くすぐっている方はじゃれているつもりでも、中には本気で嫌がる人もいるそうです。スキンシップには違いありませんが、想像以上に彼を怒らせてしまう危険性も。とくに信頼関係がまだ出来上がっていない付き合い始めの頃は、避けておいた方が無難かもしれません。

彼が嫌がるスキンシップを気づかずに続けてしまうと、そのうち距離を置かれてしまうかも。ここでご紹介したものは、今すぐにやめるのが賢明です。彼が喜ぶスキンシップを選んで、愛される彼女を目指しましょう!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/16 9:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます