大人になっても忘れられない!夏の胸キュンエピソード9パターン

ギラギラと照りつける太陽の下に立ったとき、誰でも一つくらいは思い出す「夏の恋」があるもの。そんな遠い日の出来事に想いを馳せると、大人になった今の自分でも、恋のドキドキ感を取り戻すことができるかもしれません。そこで今回はインターネットユーザーの独身女性310名に聞いたアンケートを参考に「大人になっても忘れられない!夏の胸キュンエピソード」をご紹介します。

【1】二人ともお金がなく、海や山に行ってボーツと過ごしたこと
「とにかく一緒にいられるだけで幸せでした」(20代女性)というように、夏の景色のなかで好きな人とただ一緒に過ごした時間を振り返るケースです。大事な人が隣にいるだけで夢見心地でいられた時代を思えば、恋に対するピュアな心を取り戻せるかもしれません。

【2】彼氏の部活が終わるのを待っていたら、後ろからギュッと抱きしめられたこと
「驚いたのと嬉しいのとで心臓が飛び出そうでした」(20代女性)というように、長い夏休み中に行われる「部活」にも、胸キュンエピソードがたくさん詰まっているものです。そういうドキドキとご無沙汰な人は、今カレとの待ち合わせで、自分からサプライズを仕掛けてみてはいかがでしょうか。

【3】超ウブだった彼氏と花火大会で初めて手をつないだこと
「『混んでるから』みたいな理由がないと手を握れなかったあの頃…」(20代女性)というように、夏ならではのぎこちないスキンシップを懐かしく思い出す人もいます。キスさえ躊躇なくできる年齢になっても、たまには「手と手をつなぐだけ」のコミュニケーションを楽しむといいかもしれません。

【4】語学留学中に現地の男性と短い恋に落ちたこと
「言葉も良くわからないし、ずっと一緒にいられないから、余計に燃え上がった」(20代女性)というように、ひと夏のアバンチュールを忘れられないパターンです。誰が相手であっても、「今日が最後かもしれない」という想いで寄り添うことができると、恋が輝きそうです。

【5】制服で観覧車に乗り、空の上で二人きりの時間を過ごしたこと
「まさに青春って感じでした」(20代女性)というように、好きな人とゴンドラのなかで揺られたことを、昨日のことのように思い出す人もいます。「もうそんな年じゃないから」と思う人こそ、今カレと観覧車に足を運んでみてはいかがでしょうか。

【6】イルミネーションがキレイな場所でファーストキスをしたこと
「ドラマみたいなシチュエーションにキュン死寸前」(20代女性)というように、初めてのキスが一生の宝物になっているパターンです。大人になっても1回1回のキスを流さず、気持ちを込めるようにすれば、心も体も若返るかもしれません。

【7】大学の夏休みに、数日間限定で同棲生活をしたこと
「彼のために下手な料理を頑張った」(20代女性)というように、夫婦生活の疑似体験をした数日間を忘れられないという人もいます。なあなあになりがちな彼氏との部屋デートも、結婚に向けた予行演習だと思い込んでやれば、いい緊張感を持続できそうです。

【8】初めて年上の男性と付き合い、クルマでいろいろなところに案内されたこと
「ドライブ中、ちょっと大人になれた気がしました」(20代女性)というように、年上の相手に合わせて背伸びしたデートも、思い出深いという意見です。大人になってからも「背伸びする習慣」を続けていけば、新鮮な発見があるかもしれません。

【9】図書館に行って、同じ志望校を目指して勉強したこと
「彼と離れたくなくてめっちゃ頑張りました!」(20代女性)というように、机を並べて受験勉強した時代を、懐かしく思う人もいます。いくつになっても夢を語り合える相手と一緒にいれば、きらめくような一時を過ごせるでしょう。

「昔はよかった」と言ってしまえばそれまでですが、初心に返って若い心を取り戻すのは悪いことではないはずです。恋にまっすぐだったころの気持ちを、いつまでも忘れないでいたいものです。(外山武史) 【調査概要】 期間:2015年2月9日から16日まで 対象:合計310名(独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/16 8:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます