国とゾンビのプライドをかけた熱き戦いがココに!「第1回ゾンビ世界選手権2021」に世界のゾンビ映画集結

拡大画像を見る

10ヵ国12作品の「ゾンビ映画」が参加する、国とゾンビのプライドをかけた熱き戦いが繰り広げられる!「第1回ゾンビ世界選手権2021」がスターチャンネルで8月9日(月・祝)より特集放送決定!初日には 『新感染 ファイナル・エクスプレス』の同時視聴再生会を共感シアターで開催!

「第1回ゾンビ世界選手権2021」と題し、10ヵ国12作品の「ゾンビ映画」をスターチャンネルで特集放送する事が決定。(Amazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX –DRAMA & CLASSICS-」でも一部作品を配信!)

一言で「ゾンビ映画」と括っても、そのビジュアルや内容は三者三様。アメリカで誕生したゾンビ映画は次第に世界各国で製作され、独自の「ゾンビ」を作り出してきた。ゾンビ映画の元祖と言われるジョージ・A・ロメロの『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生』で、何かの要因で蘇った死者たちが生肉を求め襲い掛かり、襲われた人たちは同じようにゆっくりと人々を襲い掛かる、そんなゾンビの定義は、近年大幅に変化・進化を遂げている。

今回エントリーする各国のゾンビたちは、新幹線に追いつくほどのスピードを持った短距離走のゾンビや、倒されても起き上がるボクサー並みのタフさのあるゾンビ、車を動かすほどの重量挙げゾンビなど、種類豊富。この機会にぜひ各国を代表するゾンビたちの手に汗握る戦いを目に焼き付けてほしい!

日本代表『アイアムアヒーロー』

©2016 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (c)2009 花沢健吾/ダーチャ

花沢健吾の同名漫画を『キングダム』の佐藤信介監督が、大泉洋主演で実写映画化したパニックアクション。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の野木亜紀子が脚本を手がける。平凡な日常から一転、謎の感染によって“ZQN”と呼ばれるゾンビが出現して以降のスピーディーな展開や、ノンストップな迫力あるアクションも魅力。また、ゾンビ映画のルールを踏まえたサバイバルの数々も見どころ。共演は有村架純、長澤まさみ。

デンマーク代表『ゾンビの中心で、愛をさけぶ』

©2018 PINGPONG FILM All Rights Reserved

ゾンビを題材に、倦怠期の夫婦が愛を取り戻してゆく姿を描いた異色のサバイバルラブストーリー。デンマーク・スウェーデンの合作で、スウェーデンの新鋭アントニオ・トゥブレン監督が製作・脚本・編集・音楽の5役を担当。ゾンビの登場シーンは多くないものの、ゾンビが蔓延する外の世界と、冷め切った関係の夫婦がそんな世界になったことをきっかけに愛を再燃させていく家の中の世界との温度差が絶妙。次々に訪れるハプニングとその先に待つ衝撃的な結末が描かれる。

台湾代表『ゾンビ・ファイト・クラブ』

©2014 Sun Entertainment Culture Limited. All Rights Reserved.

人間とゾンビの死闘を描く、過激なエロ・グロ・バイオレンスが満載の台湾産ゾンビアクション。『ザ・レジェンド』のアンディ・オンが素手でゾンビと闘い、高層ビルという密室内での攻防戦が繰り広げられるなど、ゾンビ映画のエッセンスが詰まっている。また、テレンス・イン、マイケル・ウォンなど国際的なアジアの俳優が共演。監督は『Z108地区 ゾンビ包囲網』のジョー・チエン、製作は『マンハント』のゴードン・チャン。

オーストラリア代表『ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ』

©2014 Guerilla Films Pty Ltd & Screen Australia. All Rights Reserved.

ゾンビが蔓延した近未来を舞台に、生き残った人々の壮絶な戦いを描いたオーストラリア製ゾンビアクション。『マッドマックス』を彷彿とさせる世界観に加え、ゾンビを利用して爆走する改造トラックなど、オリジナリティあふれるストーリー展開が世界中の映画祭で話題を集めた。これが長編初監督となるキア・ローチ=ターナーは、筋金入りのオタクで、製作を務めた兄トリスタンと共に仕事を辞めて本作に没頭したという入魂の一作。

ベネズエラ代表『デッド・シティ』

©Todos los derechos reservados (c)LUZ CREATIVA PRODUCCIONES C.A. – Version Alpha S.A. DE C.V. 2019 - Venezuela / México

世界一危険な都市と呼ばれる南米ベネズエラを舞台に繰り広げられるサバイバルアクション。正体不明のウイルスにより発生した全力疾走する進化系ゾンビが大暴れ。製作は2019年ながら、新種のウイルスが原因で社会が混乱に陥る様子は実際のパンデミックを想起させ、偶然にも時代を先取りした感がある。脚本・製作も兼任した監督のフラビオ・ペドタは、スケール感溢れる迫真の映像で無法地帯と化した世界を描き出した。

イスラエル代表『エルサレム(2015)』

©2015 Paz Brothers/Epic Pictures Group. All Rights Reserved.

聖地エルサレムを舞台に、黙示録をモチーフにした恐るべき災厄に見舞われた若者たちの恐怖を描くPOV形式のスリラー。イスラエルの新鋭ドロン&ヨアブ・パズ兄弟が監督・脚本・製作を兼任し、GoogleGlassをモチーフにしたPOV表現など革新的な撮影を行っている。また様々な宗教が交わる聖地エルサレムの情景や、ユダヤ教の祭日「贖罪の日」を題材にいくつもの伏線が貼られたストーリーもみどころ。

スペイン代表『サマー・インフェルノ』

©2014 Castelao Pictures, S.L. ・ Pantelion LLC ・ Rebelion Terrestre Film, S.L. ・ Sumcamp La Pelicula A.I.E.

キャンプの指導員を務める男女が、奇妙な感染症に冒され恐怖に陥るパニックホラー。ゾンビ映画の一種ながら、時間限定でゾンビになるという設定が斬新。襲う側と襲われる側が時間の経過と共に入れ替わり、感染症の原因を探るミステリー要素も含まれて最後まで飽きさせない。スペインのスリラー映画界で活躍する脚本家アルベルト・マリーニが監督も兼任。主演は『ロック・オブ・エイジズ』のディエゴ・ボネータ。

韓国代表『感染家族』

©2019 Megabox JoongAng Plus M & Cinezoo, Oscar 10studio, all rights reserved.

崖っぷちの生活を送る一家が、突然出現したゾンビを利用して一攫千金を企んだことから巻き起こる騒動を描いた奇想天外なコメディ。ゾンビよりも人間たちの欲望が騒動を拡大させてゆく一方で、次第に家族の絆にフォーカスする社会風刺的な物語が見どころ。『さまよう刃』のチョン・ジェヨン、『殺人者の記憶法』のキム・ナムギルらが、したたかな一家を好演。騒動の発端となるキャベツ好きのゾンビ“チョンビ”が可愛い。

韓国代表『新感染 ファイナル・エクスプレス』

©2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

疾走する高速列車を舞台に、謎の感染爆発によるゾンビ襲来に直面した人々のサバイバルを描き、世界中で話題を集めたホラーアクション。『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』など日本でも高い人気を誇るコン・ユが、娘を守ろうとする父親を熱演。『悪人伝』のマ・ドンソク、『82年生まれ、キム・ジヨン』でもコン・ユと共演したチョン・ユミらが脇を固める。また、死の危険が迫る極限状態の中で炙り出される人間ドラマも必見。

アメリカ代表『デッド・ドント・ダイ』

©2019 IMAGE ELEVEN PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED. ARTWORK (c)2019 FOCUS FEATURES LLC.

ジム・ジャームッシュ監督の異色ゾンビコメディ。ビル・マーレイ、アダム・ドライヴァー、ティルダ・スウィントンら豪華キャストが共演し、田舎町で起きたゾンビ騒動の行方を、ジャームッシュ特有のオフビートなユーモアで描く。ゆっくり歩くゾンビや物質文明風刺のモチーフなどジョージ・A・ロメロへのオマージュや、俳優業を引退していた『ストレンジャー・ザン・パラダイス』のヒロイン役エスター・バリントの出演も見どころ。

イギリス代表『28日後...』

©2002 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

ゾンビ映画の定説を踏まえつつ、ウイルスによる精神の破壊によって凶暴化したゾンビ達が全力疾走で追いかけてくる新たな設定が話題となった。廃墟と化したロンドンで感染者との絶望的な戦いを描き、秩序を失った状況下で人間同士がどこまで助け合えるかという、エゴやモラルを鋭く描いたホラー作品。監督は『トレインスポッティング』で人気を得て、『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー監督賞を受賞したダニー・ボイル。

アメリカ代表『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生』

© 1991 Hal Roach Studios, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

ゾンビ映画の第一人者ジョージ・A・ロメロが、初めて手掛けたゾンビ映画。蘇った死者が生きている人間を襲い、襲われた人間もゾンビになるという、今ではスタンダードとなったゾンビのキャラクターを確立。以後この設定を元に様々な作品が生み出された。モノクロ映像によるシリアスな恐怖描写に加え、当時の公民権運動やベトナム戦争などに対する社会風刺を盛り込んだ登場人物たちの対立が、深みのあるドラマを作り上げている。

更に、特集放送初日の8月9日(月・祝)には、20:15~より完全無料の視聴者参加型インターネット生放送局「共感シアター」にて『新感染 ファイナル・エクスプレス』の同時視聴再生会を開催されることが決定。ゲストは後日発表予定。是非お楽しみに!

第1回ゾンビ世界選手権2021

放送情報

【STAR1 字幕版】
8月9日(月・祝)~8月13日(金)&8月16日(月)~8月20日(金)21:00~ 連日放送
8月14日(土)23:00~ & 8月15日(日)6:00~ 一挙放送(全12作品)

配信情報

Amazon Prime Video チャンネル 「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」でも、本特集の作品を一部配信!

関連リンク

  • 7/15 8:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます