トラブル続きの原田泰造“ナカタ”、銭湯サウナでリフレッシュ!

拡大画像を見る

原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗がサウナー(サウナ好き)役で出演するドラマ25『サ道2021』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)の第2話が、7月16日に放送される。

本作は、全国のサウナーにとっての“サウナ伝道漫画”タナカカツキの「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」を実写化。2019年7月期に放送された連続ドラマは「ドラマを見るだけでととのう」と話題に。その後スペシャルドラマとしても2回放送。さらに、日本サウナ大賞・サウナの魂賞・サウナシュランの3冠を受賞するなど日本全国に多くのサウナーを生み史上空前のサウナブームを巻き起こした人気シリーズ。

前作に引き続き、サウナを求めて全国を旅する主人公のナカタアツロウ(原田)、偶然さん(三宅)、イケメン蒸し男(磯村)の仲良し3人組も登場。今回のテーマはディスタンスと継承。コロナ禍で再認識させられた家族や友人との距離、社会との距離、土地との距離、過去や未来との距離。それらをこえて、受け継がれていくものとは? サウナを舞台に描かれる。

第1話の放送後、ネット上では、大満足の出来に「100点中120点の2期1話」「見るだけでととのいました」「磯村くん好きにはたまらんドラマなんだろうな」との声が上がっていた。

<第2話あらすじ>
当たり前になった新しい日常に慣れ始めたナカタアツロウ(原田)。しかしその影響で仕事がなかなかうまくいかず、トラブルが続いていた。数日前も取引先と朝から揉めてしまい、気を晴らすためサウナ激戦区の街の朝から営業している銭湯サウナを訪れることに。

お湯の種類が充実しており、浴室内に音楽が流れ変わった壁画がある施設。

いつものようにサウナ・水風呂・外気浴を堪能していると、若者たちが話しながらやってくる。気になって仕方がないナカタが限界を超え、声をかけようとすると……。

関連リンク

  • 7/16 8:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます