森本慎太郎、ヘドロ乗り越え「長瀬智也の後継」へ!悲願“DASHカレー”の再現なるか

拡大画像を見る

 7月11日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)に、SixTONESの森本慎太郎(24)が出演。DASH島にある溜め池のヘドロを除去する企画で奮闘し、新たな“DASHカレー”づくりの道筋を切り開いた。

 この日は、DASH島にある溜め池のヘドロを除去する企画を放送。森本やTOKIOのメンバー、Aぇ!Groupの草間リチャード敬太(25)が交代で作業に従事したが、中でも森本の存在感が際立つ放送回となった。

 まず、DASH島の海岸で膨張した謎の容器を発見した際には、森本は臆することなく、それを持ち上げて、中身をチェック。中には茶色に腐敗したものが入っていて強烈な臭いを放っていたようだが、探求心の強い森本は繰り返し、その臭いをかいでなんの食品であるか確かめていた。

 また、ヘドロを除去するためのクレーンを作った際には、番線という鉄線で木材同士を固定させる作業に初挑戦。城島茂(50)のような経験者でさえ難しい作業だったことから、最初は失敗したものの、国分太一(46)からコツを教えてもらうとその技をすぐさま習得し、2度目の挑戦ではガッチリと木材同士を固定させていた。

 そして、水位の減った溜め池で、タモを使いヘドロを除去する作業のときには、まるで野生児のような行動を披露。突如、「うわ~、怖っ!」と悲鳴を上げた森本は鳥の足のようなものを手にしていたのだが、なんでも、草だと思って持ち上げようとしたところ、その部分がブチっとちぎれたのだという。そして、草だと思われた物体を持ち上げたところ、それは真っ黒な羽をした鳥の死骸だった。しかし、それを気持ち悪がるどころか、森本は「この黒い羽はカラスでしょ」と冷静に分析していた。

■エビのDASHカレーが実現か

 こうした森本の活躍もあり、溜め池のヘドロが完全に除去されると、松岡昌宏(44)の提案でバナメイエビを養殖することが決定。バナメイエビといえば、昨年3月1日の放送回で、松岡がそれを具材にカレーを作ろうとしたのだが、味がオリジナルのカレーと合わずに断念していた。しかし、今回の養殖が成功すれば、新たなDASHカレーとして“バナメイエビカレー”が復活するに違いない。

 そうなると、気になるのがカレールーの調合役だ。なんでもイチから作る『鉄腕ダッシュ』では、長瀬智也(42)が抜群の味覚を駆使してオリジナルのルーを作っていたが、長瀬はもういない。長瀬の代わりが必要になるのだが、今のところ、森本が受け継ぐ可能性が高い。

 森本は6月6日の放送回で、ティラピアを使った“つけ麺”を食べた際に「つけ麺(のつけ汁)って割るじゃないですか。でも、そんなに(ティラピアの出汁が)濃くないんで、スープでもいける感じ」と、その味わいを正確に伝えていた。同じくDASH島で活躍する草間と比べると、はるかに繊細な味覚を持っているのだ。

 バナメイエビの養殖計画はスタートしたばかり。新たなDASHカレーづくりが始まるのはだいぶ先だろうが、森本が長瀬の役割を担うのは、間違いないことだろう。

関連リンク

  • 7/16 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます