Snow Manラウール、主演映画好スタートも『名探偵コナン』犯人級“恐怖画像”が物議!!

拡大画像を見る

 Snow Manのラウール(18)の主演映画『ハニーレモンソーダ』が7月9日に封切りされた。

 村田真優氏の同名漫画が原作となった高校生の恋愛を描いた作品で、ラウールはレモン色の髪をしたイケメン男子・三浦界を演じ、界に惹かれていく内気なヒロインを女優の吉川愛(21)が演じている。

「ラウールにとって映画単独初主演作である『ハニーレモンソーダ』は、公開後初めての土日2日間で動員約13万5000人、興行成績約1億7400万円を記録し、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で4位にランクインしました。

 また、映画を鑑賞した人からは“ハニレモ見てきたけどラウールに落ちた”“ラウールにドキドキさせられた、漫画とかまた違ったドキドキでした”と好評の声もSNSなどに集まっています。興収も評判も上々ですし、好スタートを切れたのではないでしょうか」(エンタメ誌ライター)

 映画は好調な一方で、意外な話題でも盛り上がりが。7月12日発売の 『週刊少年ジャンプ』(集英社)の電子版に掲載された同作の宣伝ページが物議を醸したという。

「7月12日発売の 『週刊少年ジャンプ』ではラウールの写真も使われた映画の宣伝ページがあったのですが、同誌のアプリ『少年ジャンプ+』で配信された電子版の当該ページを見ると、ラウールの姿がすべて灰色に塗り潰されてしまっているんです。その姿はまるで、大人気漫画『名探偵コナン』(小学館)に登場する、正体が明らかになる前の犯人みたいなんです」(WEB編集者)

■「ドキドキとか通り越して恐怖映像」

『週刊少年ジャンプ』の電子版の宣伝ページを見た人からは、「ドキドキとか通り越して恐怖映像」「ジャニーズは週刊少年ジャンプに載れないのか」「違和感すごいな…笑」「ジャンプのハニレモのラウールがかまいたちの夜になってて笑った」といった反応がネット上に寄せられている。

「『かまいたちの夜』とは、1994年に発売されたミステリーゲームで、『名探偵コナン』の犯人と同じ感じで、登場人物が青いシルエットで表現されているという演出が特徴の作品です。今回のラウールも色は違えど全身が灰色で塗りつぶされたシルエットになっていたので、作品の登場人物と重ねた人もいたのでしょう。

 また、6月30日発売の『anan』(マガジンハウス)でラウールは表紙を飾っているのですが、こちらも、電子版では灰色のシルエットになってしまっていました」(前出のWEB編集者)

 かつてはネットでの写真や動画の使用を制限していたジャニーズ事務所だが、段階的に解禁。近年では、嵐や関ジャニ∞、木村拓哉(48)がインスタグラムを開設するという動きもあった。

「ネット上での写真について寛容になりつつあるジャニーズですが、『anan』では関ジャニ∞の丸山隆平(37)が表紙の6月2日発売号、Sexy Zoneの中島健人(27)が表紙の7月7日発売号など、ジャニーズタレントの写真は電子版では軒並み写真が灰色で塗りつぶされてしまっています。

 ただ、電子版であってもジャニーズタレントの写真がそのままになっている場合もあり、2月3日発売の『りぼん』(集英社)の電子版では、グラビアページや映画の宣伝ページのラウールの写真が見られます。雑誌によって写真の扱いが変わってくるようです。

 ただ、今回は多くの人に親しまれる『週刊少年ジャンプ』の電子版で、ラウールの写真が灰色のシルエットになり、非常にインパクトのある不自然なものになっていたので、話題になったのでしょうね」(前同)

『少年ジャンプ』の電子版で『名探偵コナン』の犯人のようになって見られなかったラウールのカッコいい姿は、映画館に行って観るしかない!

関連リンク

  • 7/16 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます