Snow Man『それスノ』罵り合い大混乱も…「スイカ泥棒」「テツandトモ」トレンド入りの無双

拡大画像を見る

 7月11日に放送された、Snow Manの冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)のキャンプ場ロケが、メンバー同士で罵り合う大混乱となった。

 今回の放送は、3週連続の真夏のキャンプ企画の第1弾“神喰いSnow Man”で、“アウトドアの神々”であるバイきんぐ・西村瑞樹(44)、つるの剛士(46)、鈴木奈々(33)と、チーム対抗で“キャンプ映え写真対決”することに。

 Snow Manは、Aチームが佐久間大介(29)、阿部亮平(27)、目黒蓮(24)。Bチームが深澤辰哉(29)、向井康二(27)、ラウール(18)。Cチームが岩本照(28)、宮舘涼太(28)、渡辺翔太(28)の3組に別れた。

 まず、スイカやカブトムシ、蚊取り線香など、夏っぽい映え写真用の小道具を早いもの勝ちで選び、それぞれが自然味あふれる写真を撮っていたのだが、いたずら好きなメンバーたちの間に不穏な雰囲気が。

 Bチームのラウールは、Cチームがカブトムシを使って撮影している様子を見て、「俺らも虫使う?」と提案。深澤が「アレもらう?」と言うと、Cチームに近づいていくと、宮舘が持っていた虫かごを向井が奪い取り、そのまま走り去ってしまった。

 逃げる3人の背中に渡辺は「クソが!」と罵ったが、向井らは「ホントに盗れたね」「記念に撮っておこうか」とおかまいなしで、さっそく、盗んだカブトムシを使って、映え写真を撮影していた。

■お互いにアイテムを奪い合い

 続いて、Aチームがスイカを使って夏っぽい映え写真を撮っていると、Cチームの宮舘と渡辺が近づいてきた。2人が撮影状況の話をするふりをして、スイカを奪って逃げると、佐久間が「スイカ泥棒だ!」と叫びながら追いかけた。

 また、Snow Manはメンバーカラーに合わせたつなぎを着用していて、宮舘が赤、渡辺が青だったため、2人の写真を撮っていた岩本が「テツandトモさんみたい」と、“なんでだろ〜”のネタと赤と青のジャージでおなじみの、お笑いコンビ・テツandトモに似ていると笑っていた。

 この発言がきっかけになったのか、“#テツandトモ”が“#スイカ泥棒”とともに、ツイッターの国内トレンドの上位に。すると、テツandトモの公式ツイッターが「トレンド入りしたのはなんでだろう!?」と反応したため、Snow Manファンからコメントが寄せられていた。

 それは「Snow Manのテツandトモことゆり組がスイカ泥棒しちゃいまして。本当になんでだろう状態ですよね笑」(2人は同じ幼稚園のゆり組だった)という事情の説明や、「いつかテツandトモさんとSnow Manが共演する日を楽しみにしています!」などと、コラボを望む声だった。

■もはや無双状態のSnow Man

 これを受け、テツandトモは公式ブログで、「『それスノ』で、スイカ泥棒をした??トモです。僕の故郷、山形県にも美味しいスイカがあるので宜しくお願いします。泥棒はしないでね! ツイッターのコメントも読みましたが、いつかSnow Manさんとコラボ出来たら良いな~♪」と投稿していた。

 今回の対決は、盗み合いと罵り合いでグダグダな展開だったが、視聴者はメンバーの“わちゃわちゃ”に盛りあがっていた。3枚目シングル『Grandeur』がミリオンセールスを達成し、デビューから3作連続のミリオンを達成しただけあって、Snow Manには今、かなりの勢いがあるのだろう。

関連リンク

  • 7/16 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます