ウェストハムがリンガードに熱視線…昨季は半年間のレンタルで加入、9得点と爆発

拡大画像を見る

 ウェストハムはマンチェスター・Uのイングランド代表MFジェシー・リンガードの獲得に関心を示しているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 リンガードは今年1月、マンチェスター・Uから半年間の期限付き移籍でウェストハムに加入。以降、プレミアリーグ16試合出場9ゴール5アシストを記録し、ウェストハムのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に貢献していた。

 ウェストハムは率いるデイヴィッド・モイーズ監督と2024年まで契約を延長。モイーズ監督もリンガードを高く評価しており、同選手の将来決定を待っているという。

 リンガードは保有元のマンチェスター・Uとの現行契約が来年で満了を迎えるため、オーレ・グンナー・スールシャール監督との話し合いに臨むようだ。

 マンチェスター・Uでは出場機会を減らしていたリンガードはウェストハムで息を吹き返し4月のプレミアリーグ月間最優秀賞を受賞するなどハイパフォーマンスが復活。最終的にメンバー登録から漏れたものの、EURO2020に臨んだイングランド代表の最終候補リストにも名を連ねていた。

関連リンク

  • 7/16 2:19
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます