「緊急取調室」2話 桃井かおり“塔子”「再登場」を予想する声、田中哲司“梶山”「ウインク」にも注目集まる

拡大画像を見る

2年ぶりに帰ってきた「緊急取調室」第4シーズンの2話が7月15日オンエア。田中哲司、小日向文世、でんでんによる“おじさんウインク”に「可愛すぎる」といった反応が集まるとともに、桃井かおり演じる塔子の“再登場”を予想する声も多数投稿されている。

可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(キントリ)」で、天海さん演じる叩き上げの取調官・真壁有希子らキントリメンバーが、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる本作。


以前は一匹狼タイプだった真壁有希子を天海さんが演じ、キントリの管理官・梶山勝利に田中哲司。公安部出身の小石川春夫に小日向文世。海千山千の経験で被疑者を落とす菱本進にでんでん。キントリにも一時在籍していた玉垣松夫に塚地武雅。捜査一課の監物大二郎に鈴木浩介。監物大二郎とコンビを組む渡辺鉄次に速水もこみち。1話のハイジャック事件現場で真壁と出会った警乗警察官、山上善春に工藤阿須加といった顔ぶれが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

大國塔子(桃井かおり)のハイジャック事件に裏があると考え、自ら捜査しようとする有希子が邪魔な、刑事部長・北斗偉(池田成志)は、彼女に辞表を書かせることを交換条件にキントリによる取り調べを1時間だけ許可する。その矢先、大國塔子が50年にわたりなりすましていた小暮しのぶ(円城寺あや)が遺体で見つかる。有希子はしのぶ殺害の容疑で塔子の逮捕状を別途請求し、取り調べ時間を延ばそうとするが北斗は許可しない。有希子は50年前に7分間の名演説で名を馳せた塔子を相手に、不退転の覚悟で立ち向かっていく…というのが2話の展開。


辞表を書く羽目になり「私をそんなに辞めさせたいですか」と言う有希子に、「誰も辞めろなんて言ってねえ」「辞表を書けと言ってるだけ」と語り、笑顔でウインクする小石川と菱本。梶山もウインクしようとするが両目をつぶってしまい、「できないなら、やらないで」と有希子にあきれられる…。

「ウインクできない最高キュートな梶山勝利は永久保存」「春さんと菱やんのウインク可愛すぎる。ウインク出来ない管理官最高。笑笑」「田中啓司さんの下手くそウインク可愛かったなぁ」など、田中さん、小日向さん、でんでんさんらによる“おじさんウインク”に視聴者からの反応が集まる。

その後物語は有希子と塔子の直接対決へ。桃井さん演じる塔子の存在感に「桃井かおりさんかっこいい!「本物」って感じする!!!本物の大國塔子って感じ」「きっとこんな感じで、こんなふうに考えて、生きていたのかと思わせる怪演。最高だったな」「激昂、恫喝、すかし、おとぼけ、と云った緩急ある凄まじい演技にすっかり魅了された」といった声が送られるとともに、「この話、最終話で完結する形かなぁ。このまま終わるとは思えないなぁ」「黒い女神が何者なのかわからないままだった たぶん最終回くらいに再びの対決が見られるのだろう」「桃井さん大谷さん再登場するだろうな」「2話で決着着くのかと思ってたら、シーズン通した軸になるのかも…」など、塔子が今後のシリーズでも重要な存在になっていくのではと予想する声が、SNSに数多く投稿されている。

(笠緒)

関連リンク

  • 7/15 23:55
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます