【地方競馬】“大井の帝王”的場文男騎手にまた新たな勲章! 「本当に感謝の気持ちでいっぱい」

拡大画像を見る

 14日、大井12Rにて4番人気ノートウォージー(牡3、大井・藤田輝信厩舎)で勝利し、森下博元騎手が保持していた地方競馬最年長勝利記録を、64歳10ヶ月7日に更新した的場文男騎手。(※1973年4月以降の記録)

 すでに12日の騎乗時点で、地方競馬最年長騎乗記録(従来は森下元騎手の64歳10ヶ月5日)も更新していたが、地方競馬通算最多勝利記録、最多騎乗記録、最年長騎乗記録、重賞最年長勝利記録を保持する“生ける伝説”に、新たな勲章として「最年長勝利記録」が加わった。

【的場文男騎手のコメント】
「スタートが良くて、ハナ行けたら行こうと思っていて、理想どおりの展開になりました。ファンの皆様のおかげ、競馬関係者の皆様が背中を押してくれたから、ここまで、この歳まで乗れて、これだけの勝鞍をあげられたと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも一生懸命頑張りますので、ご声援のほど、よろしくお願いいたします」

(TCK特別区競馬組合のリリースより)

関連リンク

  • 7/15 20:03
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます