川口技研からインテリアにとけこむ“室内物干×衣類掛け”が新発売!


川口技研から、「ホスクリーン hoshare ホシェア」が7月15日(木)に発売される。

インテリアにとけこむ“室内物干×衣類掛け”

室内干しが一般的となった現代。室内用物干金物は便利な半面、せっかくこだわったインテリアなのに物干し竿が違和感となってしまうのが残念なところ。また、洗濯物を干す、畳む、仕舞うという作業はなかなか手間がかかるものだ。


新商品の「ホスクリーン hoshare ホシェア」27,500円(税込/工事費別途)は、同社の住宅向け物干金物「ホスクリーン」を進化させ、「さらにインテリアに溶け込むように」「干す→仕舞うをもっと簡単に」を目指して開発されたアイテム。


左右のアームは、収納時は0°、濡れた物を壁から離して干す際は90°、ワイドにたくさん掛けたい場合は180°と可動。使う人や場所、シーンにあわせた使用が可能となっている。


また、干したシャツをサッと壁際に寄せて収納が完了するため、畳む→移動する→仕舞うという手間を省いてくれるのもポイント。


本体カバーには隠されたフックが2つあり、小物やハンガーを掛けることができる。フック部分はカバーに隠れるため、見た目もスッキリ!

生活スタイルにあわせた使い方ができる


同商品は、ひとり分にちょうどいいサイズ感のため、洗濯物はそれぞれで干す家事シェア家族にぴったりだ。


また、必要なものだけを一式まとめて一時掛けできるため、帰宅後アウターを仕舞う前に、湿気や臭い抜きのための一時掛けスペースとしても活用できる。


さらに、玄関に設置すれば、帰宅時にアウターの臭い・菌・ウイルス・花粉等を部屋に持ち込まずに済む。手軽に消臭・除菌してそのまま掛け置きすれば安心だ。

便利な「ホスクリーン hoshare ホシェア」を、この機会に使ってみては。

画像をもっと見る

  • 7/15 18:24
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます