「推しの王子様」泉美(比嘉愛未)&航(渡邊圭祐)、衝撃の出会いに「理想の展開」「ケント様推したい」と反響続々

【モデルプレス=2021/07/15】主演を務めるフジテレビ系木曜ドラマ「推しの王子様」(毎週木曜よる10時~)が15日、放送をスタートさせた。比嘉愛未演じる日高泉美と渡邊圭祐演じる五十嵐航の出会いに反響が寄せられている。<※ネタバレあり>

◆比嘉愛未主演「推しの王子様」

本作はドラマ「マルモのおきて」などを手掛けた脚本家・阿相クミコ氏と「おじさまと猫」などを手掛けた脚本家・伊達さん氏によるオリジナルストーリーで、比嘉演じる乙女ゲームを手がけるベンチャー企業の社長・泉美が、渡邊演じるフリーター・航を理想の男性に育てるため奮闘するロマンティックコメディー。

制作陣は、ドラマ「知ってるワイフ」のスタッフが再集結。比嘉、渡邊のほか、ディーン・フジオカ、白石聖らが出演する。

◆泉美(比嘉愛未)、航(渡邊圭祐)と運命の出会い

同僚の三井倫久(ディーン)との食事の帰り道、急に泉美の目の前に降ってきた航。泉美が手掛ける乙女ゲーム内の人物であり“推し”である・ケント様にそっくりな航に思わず「ケント様…」とつぶやく泉美だったが、その後酔いが回り、意識を失ってしまう。

翌朝泉美が自宅のベッドで目を覚ますと隣には航の姿が。なんと2人は一夜を共に過ごしてしまったのだった。航の話によると、倒れた泉美の免許証から住所を辿り、ベッドへ寝かせたものの泉美から甘えた素振りを見せたといい、それを聞いた泉美は「嘘だ~」と動揺するも航は「誘ってきたのはそっちだろ」と突き放したのだった。

◆「推しの王子様」に反響

“ケント様”にそっくりな見た目に反し「サイテーな男」と航に良い印象を抱かなかった泉美だったが、物語の終盤では、航の姿が過去の自身と重なることに気づき、航を自身のベンチャー企業に入社させた。

初回から繰り広げられた怒涛の展開に、視聴者からは「ケント様顔がいい」「理想の展開」「ケント様全力で推したい」「推しって素敵」「圭祐くんにめっちゃ似てるな」など多くの声が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/15 23:28
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます