柏木由紀 YouTubeで肉声復帰報告 誕生日での復帰は「奇跡が起きただけなんです」

拡大画像を見る

 6月25日に脊髄髄内腫瘍の摘出手術を受けたAKB48の柏木由紀(29)が15日、自身の公式YouTubeチャンネルを更新し、肉声で復帰を報告した。柏木は30歳となったこの日から仕事に復帰した。

 冒頭、柏木は「皆さん、柏木由紀帰ってきました~!みんな~ただいま~」と手をたたきながらあいさつ。「1カ月ぐらいお休みをいただいていたんですが、手術も成功して退院して、リハビリは続いているんですが、見ての通り、元気になりました」と声を弾ませた。

 休養中を「結構大変だったんだぁ」と振り返った柏木。医師からは1カ月の入院が必要と言われていたというが「8日間で退院しました」。その回復力が病院内で噂になったほどだという。支えは「仕事が好きなんだなというのが一番」とし「早くAKBのみんなと一緒に活動したい、早くステージ立ちたいというのが支えで、自分って本当にこの仕事が好きなんだと思いました」と改めて実感した様子だった。

 誕生日での復帰については「あまりにも出来過ぎた話だと思われるかもしれませんが、奇跡が起きただけなんです」と笑顔。今後もリハビリが続くが「今まで以上に元気に活動していきたいと思います」と決意を新たにしていた。

関連リンク

  • 7/15 19:44
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます