最悪は塗りかえられる―『ヴェノム』新キャラクター《カーネイジ》、新ビジュアル解禁

拡大画像を見る

 俳優のトム・ハーディ主演映画『ヴェノム』の続編として本年公開されるマーベル最新作『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』より、新キャラクター《カーネイジ》の狂気あふれる新たなビジュアルが解禁された。

 スパイダーマンの宿敵であり、マーベル史上最も残虐なダークヒーローとして誕生、2018年に劇場公開され全世界興行収入941億円を超える大ヒットを記録した『ヴェノム』。

 その続編となる本作では、主人公ヴェノム/エディ役をトム・ハーディ、エディの元婚約者アン役をミシェル・ウィリアムズが続投。さらにカーネイジ/クレタス役を『スリー・ビルボード』、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』などに出演し3度のアカデミー賞ノミネートを誇る名優ウディ・ハレルソン、女性ヴィランのシュリークを『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『007』シリーズのナオミ・ハリスが演じる。監督はアンディ・サーキス。

 数えきれないほどの犠牲者を生み出してきたシリアルキラー、クレタス・キャサディ(ウディ)。彼は世界秩序の崩壊を願い、大殺戮を愉しむために《カーネイジ》へと変貌していく。

 今回解禁された新ビジュアルは、真っ赤に染まったカーネイジが大きく口を開ける姿を捉えたもの。横には「最悪は塗りかえられる」というコピーが大きく添えられている。マーベル・コミックでは、ヴェノムをしのぐ圧倒的な戦闘能力をもち、『スパイダーマン』シリーズ随一の凶悪ヴィランとして描かれているカーネイジの狂気あふれる迫力のビジュアルとなっている。

 また同ビジュアルは、俳優の尾上松也が大ファンだと公言しているマーベル映画についてゲストと語り合うYouTube番組「#マベりまSHOW」の初回(配信中)でもお披露目されている。初回には、エディ・ブロック役の声優を務める諏訪部順一と、『スパイダーマン』シリーズの主人公ピーター・パーカーの吹き替え声優を務める榎木淳弥がゲスト出演。作品の魅力やアフレコの裏話などを語っている。

 映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は本年全国公開。

関連リンク

  • 7/15 17:20
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます