妻夫木聡&鈴木保奈美にリウ・ハオランも踊る!『唐人街探偵 東京MISSION』エンディングダンス映像

拡大画像を見る

中国の人気俳優ワン・バオチャン、リウ・ハオラン、日本からは妻夫木聡らが参加している映画『唐人街探偵 東京MISSION』。この度、映画を観た人を元気にさせると話題のエンディングダンス映像が解禁となった。



公開直後から、そのダイナミックな映像表現と圧倒的な壮大なスケール、コメディ×ミステリー×アクション×ドラマと、全ジャンルを網羅した濃厚なストーリー、そしてそれらを実現するために妻夫木さん、長澤まさみ、トニー・ジャーらアジア各国の超豪華キャストが集結、「笑って泣いて笑って泣いた!」「2時間があっという間」「エンタメが詰まった満漢全席」と話題となっている本作。


中でも特に、「最後に一気に元気になった!」「爽快なエンタメを浴びた」と好評なのがエンディングのダンスシーン。第1作目ではタイ・バンコクで、第2作目ではアメリカ・ニューヨークの街中を封鎖し、大人数での大規模なダンスをエンディングで披露してきた本シリーズ。もちろん今回も、東京の各所で大人数のエキストラと共にエンディング曲「コンニチハ東京」に乗せて陽気なダンスを披露。


主演のワン・バオチャン、リウ・ハオランはもちろん、妻夫木さん、鈴木保奈美、トニー・ジャーといった豪華キャスト陣も参加し、新宿・歌舞伎町シネシティ広場や渋谷スクランブル交差点のセットなどを舞台に、満面の笑顔で踊る姿を披露。さらに東京タワーの真下では4人の探偵が秋葉原のシーンで披露したコスプレ姿で登場し、まさにお祭り感あふれるエンディングとなっている。

なお、本作の撮影は2019年。街中で大人数が集まってのダンスは、人と直接触れ合うことが難しいいまだからこそ一緒に盛り上がりたいポイントだ。


本作には、「コンニチハ東京」のほかにもジョー山中の「人間の証明」やマイケル・ジャクソンの「Heal The World」といった楽曲が使用されており、エンディングと共に「とにかく圧巻なのに最後に心揺さぶられる」「意表を突かれる曲のチョイスも楽しめる!」と多くの観客の共感を呼んでいる。

『唐人街探偵 東京MISSION』は全国にて公開中。

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
唐人街探偵 東京MISSION 2021年7月9日より全国にて公開
©WANDA MEDIA CO.,LTD. AS ONE PICTURES(BEIJING)CO.,LTD.CHINA FILM CO.,LTD “DETECTIVE CHINATOWN3”

関連リンク

  • 7/15 19:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます