ACL出場の川崎FとG大阪、帰国後のPCR検査で選手・スタッフが新型コロナ陽性

拡大画像を見る

 Jリーグは15日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021へ出場、帰国後のJクラブ選手・スタッフが新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けたと発表した。

 発表によると、川崎フロンターレのスタッフ2名、ガンバ大阪の選手2名・スタッフ2名が陽性診断を受けた。当該者は既に隔離対応をしている。なお、両クラブのその他の選手・スタッフは全員陰性と診断されており、保健所よりクラブ内の濃厚接触者はなしとの見解を得ている。

 また、両クラブはチャーター便で帰国しており、同機に一般客の搭乗はなかった。さらに空港到着後、宿泊施設までの移動を含む国内の移動は全て専用車両で行っている。

 ACL出場クラブは、政府との協議のうえJリーグが定めたガイドラインに基づき、日本への入国後14日間は宿泊場所と練習場・試合会場以外の外出を禁止されている。また入国時の検査に加え、入国後14日間は毎日抗原定性検査、入国後3日目にはPCR検査を実施し、陰性を判定された者がチーム活動への参加を許可されている。

 7月17日に予定されている明治安田生命J1リーグ第18節清水エスパルス対川崎F、第21節アビスパ福岡対G大阪は、当該陽性者を除き開催予定。また、ガイドラインに基づき、川崎FおよびG大阪は当日朝の抗原定性検査および試合前のオンサイト検査で陰性を得た者のみ、対戦クラブについては試合の前々日に受検する抗原定性検査で陰性を得た者のみ、エントリーが可能となっている。なお対戦クラブは経過観察のため、終了後5日目及び14日目に抗原定性検査を行い、陰性を確認する運びとなっている。

■川崎F・G大阪 経過
▼7月9日(金)
出国前PCR検査:全員陰性

▼7月11日(日)
川崎F・G大阪が同チャーター便でウズベキスタンより日本へ出発

▼7月12日(月)
両クラブが日本へ帰国、空港での検査:全員陰性

▼7月13日(火)
入国後抗原定性検査(1日目):全員陰性、チーム活動に参加

▼7月14日(水)
入国後抗原定性検査(2日目)
・G大阪
スタッフ1名が陽性疑い、医療機関でのPCR検査:陽性診断
クラブ関係者がPCR検査を実施、選手2名・スタッフ1名が陽性診断
・川崎F
G大阪のスタッフ陽性診断に伴い、クラブ関係者がPCR検査を実施、スタッフ2名が陽性

関連リンク

  • 7/15 18:24
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます