エミー賞21ノミネート「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」S4、8月配信!予告解禁

拡大画像を見る

マーガレット・アトウッドのディストピア小説を原作に、MGM Televisionと米国Huluがテレビドラマ化した大人気ドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」の最新シーズン4が、Huluにて8月27日(金)より独占配信決定。ティザー予告と場面写真が解禁された。

本作シーズン1~3は、エミー賞を多数受賞しており、2017年には動画配信サービスのオリジナルドラマが作品賞を受賞するという史上初の快挙を達成。さらに、2018年ゴールデン・グローブ賞TVシリーズ/ドラマ部門にて作品賞と主演女優賞(エリザベス・モス)の主要2部門を受賞するなど、様々な賞レースを席巻し世界のメディアが絶賛する話題作。女性が虐げられた理不尽な世界を舞台にしながら女性の強さを鮮烈に描いた本ドラマは、現実の社会問題とリンクすることから世界的にも注目され高い評価を得ている。


そして、最新シーズンでは主演のエリザベスが3エピソードの監督にも初挑戦。現地時間7月13日(火)に発表された第73回エミー賞では、ドラマ部門作品賞、主演女優賞(エリザベス・モス)、助演男優賞(3名ノミネート)、助演女優賞(4名ノミネート)、ゲスト女優賞、監督賞など、主要部門を含む15部門21ノミネートを果たしている。


この度解禁となったティザー予告では、リディアおば(アン・ダウド)の「あなた方は主の聖なる器です」という、侍女を“子どもを産むための道具”とみなすセリフが響き渡り、それに対抗するように「私たちは隠れない」「私たちが変える」という反撃に転じるジューン(エリザベス・モス)の力強いセリフが。ジューンと眼帯が印象的なジャニーン(マデリーン・ブルーワー)が侍女の衣装ではない姿で走り出す姿も映し出される。


併せて解禁となった場面写真では、まさに2人が手を取り合い逃亡する様子や、侍女の服ではなくラフな普段着姿で何かを見つめて驚く様子、追い詰められて怯える侍女たちの姿、カナダ政府に拘束されているウォーターフォード夫妻のこれまでとは違う雰囲気を醸し出す様子が見られ、さらなる変化が起きていることが見てとれる。


シーズン3では、ギレアドの子ども86人と女中9人をカナダに亡命させるために重傷を負ったジューンが共に闘った侍女や女中たちとどのような運命をたどるのか…。新たな展開にはさらなる衝撃が待ち受けていそうだ。

Huluプレミア「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」シーズン4は8月27日(金)から独占配信スタート、以降毎週金曜日に1話ずつ追加配信予定(全10話)。

(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 7/15 18:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます