旅するルルルン 東京第二弾は「粋な椿のマスク」

拡大画像を見る

 ルルルンは、フェイスマスク「旅するルルルン」の東京第二弾として「東京ルルルン(粋な椿のマスク)」を発売した。

 東京の前身、江戸の時代。今も息づく「粋」という美意識が花ひらいた。そこで人びとの美しさを支えていたのがツバキ油。肌や髪をまもる美容成分として大活躍したという。今回の「東京ルルルン(粋な椿のマスク)」では、“かざらない。それでいて色気がある”そんな江戸の「きれい」をヒントに、東京エコ100にも選ばれたツバキ種子のツバキ油を配合した。
 ツバキ油の一大産地は、東京竹芝から約2時間、伊豆諸島に位置する利島(としま)。人口300人ほどのその小さな島は約20万本のツバキの木で覆われ、そのもとで200年以上にわたりツバキ油づくりが続けられているという。農家の手で一粒一粒大切に拾われ、伝統的な方法で丁寧に圧搾抽出された利島産のツバキ油は、高品質として人気。無農薬・化学肥料不使用のオーガニックで環境にやさしい製法であることから、東京都のエコ農産物「東京エコ100」の認証も受けている。皮脂と同じように、オレイン酸を多く含むことから肌なじみがよく、柔らかくなめらかな肌へ導く。
 また、世界一高級なスパイスとして知られているサフランの花エキスを配合。スパイスとなる花芯を取り出したあと、捨てられていた国産サフランの花びらには、美しい素肌にぴったりな力が秘められている。その整肌成分が肌荒れを穏やかに整え、健やかなキメをもたらす。
 さらに、氷河という極限の環境を生き抜く微生物から見つけたコハク酸を配合。コハク酸は、採取された微生物をバイオテクノロジーを使って培養しているので、継続的な採取をする必要がなくサスティナブル。眠らない街のお疲れ肌に、いきいきとしたハリツヤを届ける。
 シートに採用したのは、再生繊維のリヨセル。成長速度の早いユーカリを主原料に使い、さらにシートを作る際に使用する水も回収して再利用するため地球にやさしいエコな素材でありながら、シルクのようになめらかな肌ざわりを実現した。
 シートを入れるパウチのフィルムに従来含まれているアルミは、原料のボーキサイトから作り出す際にとても多くのエネルギー資源を必要とする。今回、資源面、CO2排出量面を考慮して、環境負荷の少ない透明フィルムを初めて採用した。
 リサイクルすることができずにこれまで燃えるゴミとして捨てられていた古紙(難再生古紙)を再生させる技術が発展している。「東京ルルルン(粋な椿のマスク)」の箱には、この難再生古紙を100%配合した再生紙を採用。再生古紙ならではの自然な風合いも楽しめる。
 価格は、1枚×5袋入りで1650円。

関連リンク

  • 7/15 16:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます