早乙女太一が朝ドラ初出演「カムカムエヴリバディ」でミュージシャン・トミー役

拡大画像を見る

 NHKは15日、次期連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の新出演者を発表。早乙女太一、村田雄浩、笑福亭笑瓶が決定した。早乙女は朝ドラ初出演。

 この日発表されたのは、二代目ヒロインの深津絵里演じる大阪編の出演者。早乙女はミュージシャンのトミー役。ジャズ喫茶を拠点に活動し、アイドル的な人気者という設定だ。早乙女は「ミュージシャンの役どころなので、既に楽器の稽古に苦戦しておりますが、なんとか頑張りたいと思っています。激動の時代を必死に生きるミュージシャンを、誠心誠意務めたいと思います」とのコメントを発表した。

 笑瓶は映画館館主・西山太役。「短いセリフでもかむかも。かんだらごめん。久々のドラマなので、迷惑をかけないようにしたいと思います」とコメント。村田はクリーニング店店主・竹村平助役。「かなり久しぶりの朝の連続テレビ小説です。いろんな意味でドキドキしてます」とのコメントを発表している。

関連リンク

  • 7/15 16:13
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます