いま注目、東京オリンピックの見どころって?種目や選手を知って楽しく観戦しよう

拡大画像を見る

東京オリンピックの見どころをご紹介!

聖火リレーも終盤に入り、いよいよ東京オリンピック開催の日が近づいてきました。せっかく開催されるなら、東京オリンピックをおうちで観戦してみませんか?

今回はいま注目されている東京オリンピックの見どころをじっくりご紹介していきます。今回の東京オリンピックより追加された新種目や、金メダル候補の選手をわかりやすくまとめました。

普段スポーツをあまり観戦しないという方も、おうち時間を活用してオリンピックをぜひチェックしてみてくださいね。

東京オリンピックの見どころ《競技》

東京オリンピックの見どころ《競技》
出典:https://pixabay.com/

東京オリンピックでは33の競技、339種目が行われる予定です。今回はその中から、とくに注目しておきたい見どころの競技、種目をピックアップしました。

各種目の基本的なルールや見どころ、魅力溢れる選手たちをわかりやすくご紹介していきます。東京オリンピックで追加された空手、サーフィン、スケートボード、スポーツクライミングなども解説していきますので、ぜひご覧くださいね。

①陸上男子100mの見どころ

陸上男子100mはオリンピックの花形競技で、毎回のオリンピックで注目している方も多いのではないでしょうか。世界記録保持者のウサイン・ボルトが引退し、次世代の選手の活躍に世界が注目しています。東京オリンピックで世界新記録が出るのかも見どころです。

今回の東京オリンピック代表に内定している山縣亮太選手や小池祐貴選手も、9秒台の記録を保持しています。大一番での日本人選手の活躍も見どころですね。

②陸上男子400mリレーの見どころ

日本代表は400mリレーで、2008年北京大会銅メダル、2016年リオデジャネイロ大会で銀メダルを獲得し、世界に衝撃を与えました。リレーの見どころは、バトンの受け渡し。日本はミスのないスムーズなバトンパスの技で、世界の強豪国に肩を並べています。

今回日本は強みであるチームワークを武器に、金メダルを目標にしているそう。ライバルのジャマイカや米国などとのレースは応援しがいがありますよ。普段オリンピックを観戦しない方でもルールがわかりやすいので、おすすめです。

③サッカーの見どころ

人気スポーツのサッカーも東京オリンピックの見どころのひとつ。オリンピックの男子サッカーは1900年に開催されたパリ大会よりオリンピック競技に追加され、その歴史はFIFAワールドカップよりも長いんです。

1992年のバルセロナオリンピックより23歳以下の選手と出場資格が設けられ、最近ではこれから注目される若手スター選手のお披露目の場となっています。今回の東京オリンピックでは、スペインで活躍する久保建英選手、ドイツやオランダで活躍している堂安律選手などのプレーが見どころですよ。

④空手の見どころ

空手は日本発祥のスポーツ。今回の東京オリンピックで初めて行われる種目のひとつです。空手は技のスピードや力強さを競う「形」と、剣道のように2人の選手が1対1で攻め合う「組み手」の2種類の競技があります。

とくに組手は攻守の駆け引きが見どころです。ルールもわかりやすく観戦しやすいおすすめの競技と言えますね。日本の選手層は厚く、男子では荒賀龍太郎選手や西村拳選手、女子では植草歩選手や宮原美穂選手が組手のメダル候補。形も、世界選手権を3連覇した喜友名諒が金メダル候補と言われています。

⑤サーフィンの見どころ

アメリカやオーストラリア、ブラジルなどで愛されているサーフィン。日本国内でも愛好家が250万人いると言われているサーフィンが、今回の東京オリンピックから新種目として採用されました。技の難度やスピード、美しさを総合的に判断し、順位が決まります。

サーフィンは自然を相手に戦うところが見どころです。波や風の状態は常に変化するので、最後まで結果がわからないところも魅力と言えるでしょう。日本の選手では、男子の五十嵐カノア選手や新井洋人選手、女子の大村奈央選手に注目が集まっています。

⑥スケートボードの見どころ

東京オリンピックで新たに採用されたスケートボードも、観戦におすすめの種目です。スケートボードを使って華やかに技を披露するので、そこまで知識がなくても楽しめますよ。

スケートボードは、コースにある障害物を用いて技を繰り出す「ストリート」と、大きくくぼんでいるコースを使って行われる「パーク」の2種目が行われます。とくにストリートは普段街で見かける縁石や手すりを使って、技を披露するのが見どころ。選手のハイレベルな技巧にぜひ注目してみてくださいね。

⑦スポーツクライミングの見どころ

「スピード」「ボルダリング」「リード」の3種の成績で順位が決まるスポーツクライミング。今回の東京オリンピックから採用された競技ですが、日本は男子女子ともに強豪国と言われており、今大会の見どころと言えるでしょう。

スポーツクライミングは瞬発力だけではなく、考える力が勝敗に影響する点も見どころのひとつ。「リード」では、競技前に数分間の時間が設けられ、壁の突起をどの順番で登るかを考えます。各選手がどのようにコースを攻略するのか、注目して観戦するのがおすすめです。

⑧馬術の見どころ

オリンピック競技の中で、動物を扱って競うのは馬術だけということもあり、観戦をおすすめしたい競技のひとつです。人と馬がコンビになって競技を実施するため、選手だけではなく馬の資質も勝敗の鍵を握っています。

馬術の見どころは何と言っても選手と馬の信頼関係。とくに総合馬術の種目は、3日間かけて実施されるので、選手が馬のケアを上手にできるかが重要です。日本勢は2018年のアジア大会で団体金メダルを獲得。東京オリンピックでもメダルが期待されています。

東京オリンピックの見どころ《選手》

東京オリンピックの見どころ《選手》
出典:https://pixabay.com/

ここからは東京オリンピックで活躍が期待されている選手の中でも、とくに注目のおすすめ選手を厳選しました。各選手のこれまでの経歴とプレースタイルや得意技、見どころを解説していきます。

「どの競技を観たらよいの?」「どこに注目すればオリンピックを楽しめるのかな?」と思っている方は、各選手の経歴や見どころについて深く知れば興味が沸いてくるかもしれません。ぜひ東京オリンピックが始まる前までに、見どころや選手たちの魅力を押さえてみてくださいね。

おすすめの選手①奥原希望選手

東京オリンピックバドミントン女子シングルスに出場予定の奥原希望選手は、現在世界ランキング3位の実力者。前回のリオデジャネイロオリンピックでは日本人初の銅メダルを獲得し、日本に喜びをもたらしました。

奥原選手は厳しい練習をこなし、着実に力をつけてきた選手です。リオデジャネイロオリンピック後には、より攻撃的なプレーをするスタイルに転換。奥原選手主導で試合が進んでいくのかどうかというところも、見どころですよ。

おすすめの選手②伊藤美誠選手

伊藤美誠選手は、2016年のリオデジャネイロオリンピックで卓球女子団体銅メダルを獲得後、2018年のスウェーデンオープンで強豪・中国の選手を次々と破り、優勝。東京オリンピックでの金メダルが期待されている選手の1人です。

見どころは伊藤選手から繰り出される多彩なサーブ。回転やコース、高さの種類が豊富で相手を翻弄します。強気なプレースタイルも魅力的で、見ている観客に卓球の面白さを伝えてくれるでしょう。

おすすめの選手③川井梨紗子選手

女子レスリング57kg級に出場予定の川井梨沙子選手も見どころの多い選手です。超攻撃的なプレースタイルで知られ、試合では相手を圧倒的に倒すシーンがよく見られます。観戦していると、レスリングの面白さがわかってくるでしょう。

川井選手はご両親も元レスリング選手といった生粋のサラブレッド。妹の川井友香子さんも東京オリンピックの代表選手に選ばれており、姉妹でのメダル獲得もあるかもしれませんね。

おすすめの選手④村上茉愛選手

華やかで美しい、見どころたくさんの女子の体操。とくに注目なのが、村上茉愛選手です。村上選手は、種目別のゆか運動を得意としていて、2017年の世界選手権種目別で見事金メダルを獲得。その他の種目のレベルも高く、個人総合でもメダル獲得を狙えると言われています。

日本の女子体操の絶対的なエースで、ファンが多い選手です。種目別ゆか運動のH難度の大技「シリバス」は世界でも数人しかできないと言われています。見どころの多い女子体操、村上選手は要チェックですよ。

おすすめの選手⑤松山英樹選手

2021年春、日本男子初の海外メジャー制覇を成し遂げたゴルフの松山英樹選手。東京オリンピックの出場も予定されていて、おすすめの選手と言えるでしょう。力強いアイアンショットが魅力的。安定感も抜群で、プレーを見ているだけで気持ちよいですよ。

ゴルフは打つ技術だけではなく、使用するクラブをしっかりと選択することが重要で、見どころのひとつとも言えます。アメリカやスペイン、イギリスなどの強豪のライバルを相手に、日本人選手がどれだけ食い込んでいけるのもチェックしてくださいね。

おすすめの選手⑥内村航平選手

体操男子と言えば名前が上がる内村航平選手は、アクセル・オーギスやコマネチなどの世界的な体操選手たちが「史上最高の体操選手」と称賛している選手。これまでにオリンピック3度出場し、合計7つのメダルを獲得しています。世界選手権でも6連覇を達成するなど、まさに日本の宝と言える選手です。

今大会は種目別の鉄棒での出場が予定されています。冒頭のH難度の大技「ブレットシュナイダー」が見どころですよ。

おすすめの選手⑦阿部一二三選手

日本の柔道史上初の1試合での代表内定決定戦で勝利し、見事柔道男子66kg級の代表に内定した阿部一二三選手。2017、2018年の世界選手権で優勝している実力者です。柔道エリートとも呼ばれ、今大会では妹の詩選手とともに金メダルを狙います。

阿部選手の見どころは、得意の袖釣り込み腰や背負い投げで一本を取るプレースタイル。気持ちよく豪快に勝利を収めることが多いので、普段柔道を見ない方でも阿部選手の試合はきっと楽しめますよ。

おすすめの選手⑧喜友名諒選手

全日本選手権で9連覇、男子空手「形」の第一人者とも言われている喜友名諒選手。2014、2016、2018年の世界選手権でも優勝しており、金メダルに近い選手で注目ですよ。喜友名選手は空手発祥の地である沖縄の出身で、沖縄県勢初の金メダルの期待もかかっています。

空手の「形」は、一連の技を1人で演舞する種目。喜友名選手の演舞は正確な動きと、力強さが見どころ。これまでの稽古で培われたハイレベルな演舞をぜひチェックしてみてくださいね。

東京オリンピックの見どころまとめ

今回新たに加えられた新種目の見どころや人気競技の魅力、各選手の見どころや特徴を詳しくご紹介してきました。今回紹介しきれませんでしたが、野球や水泳といった人気競技にも注目ですよ。

ついに開催される東京オリンピック。さまざまな種目で日本人選手の活躍が期待されています。金メダル候補も多数いますので、目が離せません。

とくにお出かけ予定のない日は、おうちで東京オリンピックを観戦して、選手たちを応援してみましょう。歴史的な新記録や感動的なシーンに出会えるかもしれませんよ。

関連リンク

  • 7/15 5:30
  • folk

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます