団長安田 ワクチン1回目接種後に新型コロナ感染

拡大画像を見る

 安田大サーカスの団長安田(47)が新型コロナウイルスに感染したことが15日、所属の松竹芸能の公式サイトで発表された。

 団長は9日にワクチンの1回目を接種したが、13日の番組ロケ前にPCR検査キットで「高リスク」の結果となり、14日に病院でPCR検査を受けて陽性と診断されたという。今後は保健所の指示に従って対応する。

 「仕事関係者・共演者の皆様、いつも応援して下さっている皆様に多大なるご迷惑とご心配をお掛けしていることを、心よりお詫び申し上げます」とコメントした。

関連リンク

  • 7/15 15:56
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • ワクチン接種したくない者は当人の自由だからしなくてもいいが、他人に強要したり、業務妨害するのはテロリストと同じではないだろうか? 他者の意見を聞かず、自分だけが正しいと妄想し、自分以外の意見を抹殺するものがテロリストなのだろう。

  • 日数的に接種前から感染してたのかな?!、それに一回だとまだ感染リスクは抑えづらい訳だし※

  • トリトン

    7/17 10:31

    今親が3日目位から2回目にワクチン射った二の腕がパンパンに2倍ほどに晴れ上がってる明後日病院行く予定だがまあ自己責任だね射った親がバカなのだろうに、止めとけと言ったのだけどしかたかないよね。本人が決めたことでも他人が射てと言うのは筋違いだね、賠償金請求するのも良いかもね、こんなバカどもは。

記事の無断転載を禁じます