体表温度測定に対応! ヘルスケア機能を大幅強化した「HUAWEI WATCH 3」

拡大画像を見る

 華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は8月以降に、スマートウオッチ「HUAWEI WATCH」シリーズの新機種「HUAWEI WATCH 3」のスポーツモデルと、クラシックモデルを発売する。どちらも価格はオープンで、実勢価格はスポーツモデルが5万380円前後、クラシックモデルが5万4780円前後の見込み。

 「HUAWEI WATCH 3」は、さまざまなセンサーを搭載し、計測したあらゆるデータを利用して健康管理やワークアウトの目標達成をサポートする。計測データは、スマートフォンとの連携によって「HUAWEI Health」アプリに記録されるので、ログデータを簡単に確認できる。
 計測機能としては、手首の体表温度測定機能、20秒以上の手洗いを検出して通知する機能、装着中に転倒した場合に緊急モードに切り替わり、救急サービスや指定した連絡先に通報する機能、血中酸素レベル測定機能、心拍数モニタリング機能、睡眠状態を検出する睡眠モニタリング機能、1日のストレスレベルをモニタリングして、ストレスが高まった際には呼吸トレーニングガイドでリラックスを促す機能を備えている。
 本体には、冷間鍛造(れいかんたんぞう)とPVDコーティングを施した316Lステンレススチールを採用し、日々の小さな擦り傷や汗による腐食にも耐えられる。さらに、手作業での鏡面研磨によって高級時計に匹敵する光沢のある美しい金属面を実現するとともに、背面にはナノジルコニアパウダーを使用したハイテクセラミック素材を使用する。
 クラウン(リューズ)を回転させれば、ディスプレイの機能や音量設定を簡単にスクロール可能なほか、ハンドジェスチャーでのコントロールにも対応している。また、Bluetooth通話機能に対応し、スマートフォンにかかってきた電話にスマートウオッチから応答し、そのまま通話できる。
 1.43インチAMOLED(有機EL)ディスプレイ(解像度466×466)、メモリ2GB、16GBのストレージを搭載し、2.4GHzの無線LANとBluetooth 5.2 BLE/BRに対応する。対応OSは、Android 6.0以降、iOS 9.0以降。
 バッテリ駆動時間は、「超長時間バッテリー持続モード」が約2週間、「スマートモード」が約3日間。サイズは幅46.2×高さ46.2×奥行き12.15mmで、重さは約54g。

関連リンク

  • 7/15 15:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます