フランス気分を満喫!「Bunkamura Bon Bon -Bunkamuraフランス月間2021-」開催中


東急文化村が運営する複合文化施設・Bunkamuraでは、『Bunkamura Bon Bon -Bunkamuraフランス月間2021-』をマンスリーテーマに、7月31日(土)までフランスの文化・芸術を楽しめる様々なコンテンツを展開している。

Bunkamura × MAPP_『PLAYTIME』


7月10日(土)からは、プロジェクションマッピングをはじめアートの概念を変えるアートプロジェクトを手がける集団「MAPP_(マップ)」とのコラボレーションによるアートワーク『PLAYTIME』が開催中。

グラフィックデザイナーの伊藤敦志さんがデザインを担当し、「MAPP_」が手がける、パリを感じるプレイグラウンドがBunkamura館内に出現。フランス・パリの雰囲気を感じるフォトスポットとしても楽しめる。

伊藤敦志さんは、“壁や柱、エレベーターなどに等身大のイラストを描いて、Bunkamura館内に架空のパリをデザインしました。気軽に海外旅行ができない世の中ではありますが、ほんのひととき、懐かしいパリを探索して写真を撮ったり、楽しい旅行気分を味わっていただけたら嬉しく思います。”とコメントしている。

パリの風薫るカフェに夏の新メニューも登場


また、芸術と食を楽しむ空間でパリの文化を感じられる「ドゥ マゴ パリ」のディナーメニューがリニューアルし、7月12日(月)より夏の新メニューが登場。パリのビストロ定番料理に加え、旬の魚介や夏野菜を盛り込んだ季節のメニューを楽しめる。

カジュアルなアペタイザーからボリュームたっぷりのメイン料理まで豊富に取り揃えているので、Bunkamura公式ホームページ内でメニューをチェックしてみて。

「Bunkamura ドゥ マゴ パリ祭2021」も開催中


さらに、フランス文化を愛する人たちが集まる夏の恒例イベント「Bunkamura ドゥ マゴ パリ祭2021」も7月18日(日)まで開催中。開催期間中は、フランスの魅力がたっぷりつまった個性あふれる「ワゴンショップ」のほか、


パリ気分を高めるバイオリンとアコーディオンのデュオ「シエスタ」の演奏も行われる。

なお、今後の状況により予定が変更となる場合があるので、最新情報はホームページで確認を。

画像をもっと見る

  • 7/15 13:51
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます