テレ東番組で「宜保愛子」がトレンド入り ネット「令和の時代に」「懐かしい」の声

拡大画像を見る

 14日にテレビ東京系で放送された「水バラ 真夏の絶恐映像 日本で一番コワい夜」で、昭和の心霊番組で引っ張りだこだった宜保愛子氏の映像が紹介され、一時「宜保愛子」がトレンド入りした。

 番組は毎夏恒例の恐怖特番。ゲストが心霊写真や心霊スポットを訪れ、恐怖体験の様子を紹介。本当にあった恐怖体験の再現ドラマなども放送された。

 その中でも目玉企画となったのが、テレ東に唯一残されていたという宜保愛子氏の秘蔵映像。宜保氏が香港へ渡り、評判の幽霊屋敷に潜入。鳥肌を立て汗でびっしょりとなりながら「今、私、首を詰められちゃった…」などと話している映像を紹介した。

 放送中、放送直後には「宜保愛子」がトレンド入り。「令和の番組表に宜保愛子って書いてあるの、タイムスリップ感すごかった」「まさか令和の時代に宜保愛子とは」「テレ東だからこその令和の宜保愛子という感じ」「懐かしいな」などの声が上がっていた。

 宜保氏は70年代から80年代に、テレビの心霊番組などで活躍。03年に他界している。

関連リンク

  • 7/15 13:31
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます