横澤夏子 ふっくらお腹で幸せの笑み 第2子妊娠中「産まれてきたらビートを刻んでいそう」

拡大画像を見る

 タレントの横澤夏子が15日、都内で行われた「Make The Beat!」アワードに登場した。

 「Make-」は東京五輪、パラ五輪公式の応援ビート「2020beat」のリズムに合わせた動画で選手を応援する「TOKYO 2020 Make The Beat!」の派生企画。横澤は「Make-」の公認アンバサダーとしておばたのお兄さんとともに登壇。現在第2子を妊娠中で「今、8カ月なんです」とふっくらとしたお腹で幸せいっぱいの笑み。「産まれてきたらビートを刻んでいそうです」と声を弾ませた。

 五輪開幕が目前となり「ワクワクしています。いろいろと全試合観られるように頑張りたい。楽しみです」と横澤。注目競技を問われると「卓球がすごく楽しみ。水泳とかも見て応援したいな。プールにもなかなか行けていないので、楽しみだな」と思いをはせていた。

 この日は審査員として板尾創路、JO1の川尻蓮、大林素子、元水泳選手の伊藤華英さん、そしてこの日のアワードで公認アンバサダーが決まった登場したお笑いコンビ・コットンのきょんも登場した。

関連リンク

  • 7/15 13:28
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます