ガリレオ映画化第3弾『沈黙のパレード』 公開は2022年予定【コメント全文】

拡大画像を見る

2007年に第1シーズンが放送されたテレビドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)。

俳優の福山雅治さんが、変人でありながら天才的な頭脳を持つ物理学者・湯川学を演じ、平均視聴率21.9%という異例の高視聴率を獲得しました。

二度の映画化や、ドラマ第2シーズンも放送され、長く愛されてきた『ガリレオ』シリーズ。

ついに、『ガリレオ』映画化第3弾となる『沈黙のパレード』の製作が決定しました!

©2022「沈黙のパレード」製作委員会

2008年に公開された映画『容疑者xの献身』。

そして、2013年には映画化第2弾となる『真夏の方程式』が公開され、いずれも大ヒットを記録しました。

©2008 フジテレビジョン アミューズ S・D・P FNS27社

©2013 フジテレビジョン アミューズ 文藝春秋 FNS27社

『沈黙のパレード』の主演は、もちろん福山雅治さん。再び、天才物理学者・湯川学を演じます。

また、共演は柴咲コウさんと、北村一輝さん。

湯川と柴咲コウさん演じる内海の、性格がまったく違うことで際立つコミカルなやりとりも再び見ることができます。

原作は2018年に発刊された東野圭吾さんの『沈黙のパレード』。

極上ミステリーでありながら、すべての登場人物に温かな眼差しを向け描かれた繊細な人間模様は、感動的な人間ドラマへと昇華していく作品です。

福山雅治さん、柴咲コウさん、北村一輝さんからコメントが届いています。

福山雅治(湯川学)

福山個人としては、草薙と薫に会えるのをずっと心待ちにしていました。
しかし湯川としては…またやっかいな2人と再会したな…、と思っているかと(笑)。

小さな街で起こった悲し過ぎる事件。関わった人たちすべてが被害者であり、加害者でもある。
「沈黙のパレード」という東野先生が世に送り出した極上のミステリーの実写化。
この高いハードルかつ挑みがいのある難問に、我々はどういう最適解を導き出すのか。
僕も湯川と共に今作の映画化における極上のエンターテイメントを探究したいと思います。

柴咲コウ(内海薫)

湯川先生、草薙さん、薫。時は流れ、それぞれの道を歩んでいたであろう登場人物たち。しかしきっと、昔と変わらないそこはかとない安心感と絆を味わえるのだろうと。
彼らとまた再会できること、チーム・ガリレオでまた撮影ができることを楽しみにしています。

北村一輝(草薙俊平)

早いもので、「シーズン1」から14年も経つのですね。
今までの集大成となるような今作には懐かしいレギュラー陣に加え、豪華キャストが揃います。
湯川と草薙の友情があってこその今回の物語、全力で取り組みたいと思います。

監督は、前作に続いて西谷弘さんです。西谷さんは「実に8年ぶりの再会だな。3人とも元気にしているか?」とそれぞれの登場人物にメッセージを送りました。

湯川よ、NY帰りと聞いたが奇人変人ぶりは健在か?
草薙よ、加熱式タバコに変えたようだが息切れしているのではないだろうな。
内海よ、捜査一課復帰おめでとう。強気の眼光に衰えはないか?
久しぶりの再会を懐かしんでる暇はないぞ。戦いの火蓋は切られた。

『沈黙のパレード』は2022年公開予定です。今から公開待ち遠しいですね!

【あらすじ】

アメリカ帰りの物理学者・湯川学(福山雅治)のもとに、警視庁捜査一課の刑事・内海薫(柴咲コウ)が相談にやってきた。

突然行方不明になった町の人気娘が、数年後に遺体となって発見され、容疑者は、湯川と大学時代の同期で内海の先輩刑事・草薙俊平(北村一輝)がかつて担当した少女殺害事件で無罪となった男だった。

だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。その男が娘の住んでいた町に戻り、堂々と遺族たちの前に現れ、彼らを挑発したことで、町全体を憎悪の空気が覆う。そして、秋祭りのパレード当日、その男が死んだ…。

男を殺害する動機のある者には全員アリバイがあり、死因も不明。

この超難問に、湯川、内海、草薙の三人が挑む…!

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 7/15 12:59
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます