【中京記念展望】今年は小倉開催、あの馬の巻き返しを期待したい

拡大画像を見る

 サマーマイルシリーズの2戦目に位置づけられるが、今年はマイルではなく1800mで行われる。昨年シンガリ人気のメイケイダイハードが勝って大波乱になったことは記憶に新しいが、それ以前でも、過去10回で1番人気が連対したのは1度だけしかないように、人気馬の信頼度は高くない一戦。

1.高齢馬は苦戦

 過去10回の中京記念で、7歳以上馬は複勝率6.1%しかない。好走傾向にあるのは5〜6歳馬で、過去10回中9勝して、複勝率は22.8%ある。

2.4角5番手以内

 この夏に行われた小倉芝1800〜2000mの成績を、4角位置取り別で見てみると、4角6番手以下から連対したのは1頭だけ。超高速馬場ということもあり、4角で前にいなければ勝ち負けに加われていない。

3.好走傾向の種牡馬

 過去10年に行われた小倉芝1800mのオープン戦の成績を種牡馬別で見てみると、複勝率の上位(最小レース機会数5回)は、ダイワメジャー、ディープインパクト、アグネスタキオン、ブラックタイド、キングカメハメハという順。特にダイワメジャーとディープインパクトは複勝率が40%を超えていて、いずれも複勝回収率は100%以上ある。

 登録唯一のディープインパクト産駒ダノンチェイサーの復活に期待。昨年の小倉日経オープン(3着)後、騎乗した川田将雅騎手がコメントしたように、現状1800mはやや長いのかもしれないが、高速馬場の小倉ならこなせる範囲と見る。久々でも仕上がっていそうで、そこまで人気がないなら狙いは立つ。

関連リンク

  • 7/15 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます