カンヌも絶賛の話題作、西島秀俊、岡田将生ら強い眼差しで見つめる先の運命とは…

拡大画像を見る

西島秀俊を迎え、村上春樹の短編を映画化した濱口竜介監督最新作『ドライブ・マイ・カー』(8月20日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開)。


現在開催中のカンヌ国際映画祭コンペティション部門にも日本映画として唯一出品されている本作。ワールドプレミアとなった公式上映後は「悲しみと再生について描いた、深い感動の物語!(Variety) 」、「濱口監督は、世界的な才能の持ち主であることを証明した(Little White Lies) 」など海外メディアの絶賛レビューが相次ぎ、Screen International 誌が掲載する批評家たちによる「星取表」では4点満点中3.5というハイスコアで、トップを独走中。


最高賞を競うコンペティション部門での受賞も期待されるなど、新たなる傑作として大きな注目を集めている。


この度、そんな本作の待望の本ビジュアルが解禁された。

俳優であり演出家の家福は、愛する妻と満ち足りた日々を送っていた。しかし、妻は秘密を残して突然この世からいなくなってしまう。2年後、演劇祭に愛車で向かった家福は、ある過去をもつ寡黙な専属ドライバーのみさきと出会う。行き場のない喪失を抱えて生きる家福は、みさきと過ごすなかでそれまで目を背けてきたあることに気づかされていく――。


この度解禁された本ビジュアルでは、主人公・家福(西島秀俊)と、彼の専属ドライバーを務めるみさき(三浦透子)、キーパーソンである俳優・高槻(岡田将生)が家福の愛車である真紅の“サーブ900”を背に、それぞれの想いを秘めた表情で、強いまなざしを真っ直ぐに見据えた姿が印象的なものに。


さらには、「この運命から、目を逸らさない――。」と添えられたキャッチコピーから、3人が辿る想像もつかない運命や葛藤を想起させ、そこから目を逸らさずに対峙していく展開を予感させる。これまで圧倒的な脚本力と豊かな映画表現で、人間の多面性や複雑な感情をあぶりだしてきた濱口監督。原作の精神を受け継ぎながら、どのような物語を紡ぐのか。新たなる傑作の誕生と公開が待ち遠しくなる本ビジュアルが完成した。


『ドライブ・マイ・カー』

8月20日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

西島秀俊 三浦透子 霧島れいか/岡田将生

配給:ビターズ・エンド 

2021/日本/1.85:1/179分/PG-12

(C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

関連リンク

  • 7/15 12:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます