ノイキャン性能さらにアップ! 新世代にふさわしい完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 4」

拡大画像を見る

 華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は7月30日に、開放型ながらハイブリッドアクティブノイズキャンセリングを実現した完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 4」を発売する。カラーはセラミックホワイト、シルバーフロストの2色。価格はオープンで、実勢価格は1万8480円前後の見込み。

 「HUAWEI FreeBuds 4」は、フィードフォワードマイクとフィードバックマイクを組み合わせたハイブリッド式のアクティブノイズキャンセリングを搭載し、最大25dBのノイズキャンセリングを可能にしている。自社開発の「アダプティブ・イヤー・マッチングテクノロジー」によって、ユーザーの耳の形や装着状態を自動的に検出し、最適なノイズキャンセリングを選択することで、効果的に低周波音を低減する。
 本体には、LCP振動板を採用するとともに高感度の14.3mmダイナミックドライバーを備えており、40kHzの周波数に対応し、高周波帯域の再現性能を強化した。また、低音を増強するパワーエンジンを搭載し、振動板の振動を高めることによって、重低音を生み出す。
 そのほか、デュアルデバイス同時接続(マルチポイント)対応なので、2台のデバイスを同時に接続できる。
 本体は、1万を超えるさまざまな耳のデータ解析や外圧のシミュレーションによって、より快適に装着が可能で、軽量なので長時間の装着でも疲れにくい。また、本体をダブルタップすることで電話への応答/終了、または音楽再生/一時停止、長押しでノイズキャンセリングのオン/オフを操作でき、スワイプによる音量調整にも対応している。
 対応コーデックはSBC、AAC。バッテリ駆動時間は、本体のみなら約4時間、付属の充電ケースとの組み合わせなら約22時間。片側のみの重さは約4.1g。

関連リンク

  • 7/15 11:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます