伊藤万理華[イベントレポート]主演作への想いを語る「未来に繋がる作品になっていると思います」映画『サマーフィルムにのって』特別試写会イベントにて

拡大画像を見る

伊藤万理華が、7月14日(水)に開催された<映画『サマーフィルムにのって』特別試写会イベント>に登壇した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

同イベントには、伊藤をはじめ、金子大地、河合優実、祷キララ、小日向星一、池田永吉、篠田諒、甲田まひる、ゆうたろう、板橋駿谷、松本壮史監督が出演。

ハダシ役で主演を務める伊藤は、“ハダシたちが映画作りという同じ目標に向かうという意味では、リアルにも言えること。私たちが『サマーフィルムにのって』に向かって走るためにはみんなと仲良くなるのが大事。撮影ではみんなと会話をしながら、作品に対して同じ想いかどうかを確かめるようにしていました”と座長としての心構えを回想。

現場を盛り上げようとする伊藤の姿に金子は“劇中のハダシがそのままそこにいるというか、その姿は見ていて素敵だった。撮影中もハダシのために頑張ろうと思いました”と心動かされたようで、河合も“(伊藤の)作品にかける想いはハダシと同じように熱いものがありました。その熱があったからこそ、実現できた作品だと思います”と実感。祷は“撮影中はハダシであり伊藤万理華でもあった。完成した作品を観た時に、とにかく万理華に会わなければ! 顔だけ見るだけ! そして握手して!とすぐに電話したくらいです”と感激。相次ぐ絶賛に伊藤は“こんなに褒められるってことがないから……。ありがたい”と照れていた。

撮影現場で印象的だった出来事を聞かれると、篠田は“伊藤さんがみんなと仲良くなりたいと言ったので、僕がトランプを持っていたんです! それをきっかけにみんなが仲良くなれて、本物の部活のような雰囲気になったと思います”と共演者の絆を結んだのは自分だと告白。しかし、それに甲田が“え? 私はトランプ1回もやっていない”と首をかしげると、ゆうたろうも“……僕も”と苦笑い。すると篠田もすぐさま“あれ? 僕ではなく(板橋)駿谷さんがムードメーカーとして盛り上げてくれてました!”と板橋に振り、板橋が“伊藤さんがチェキで僕たちを撮ってくれたよね! 最後にアルバムにしてみんなに配ってくれました! 優しいですよね!”とまとめ、撮影現場で培ったチームワークを見せた。

池田は“深夜まで続いた撮影で伊藤さんが少しウトウトしていた時に、僕が変顔をして笑わせました!”と嬉しそうに報告すると、その様子を見た板橋が“なんだかお前だけ父兄参観みたいだな”とツッコみ、会場が笑いに包まれた。

同作は、海外の映画祭での上映が続々と決定。今回のイベントでは、上映国と作品選定をした映画祭のディレクターから届いた絶賛の声を発表。これに伊藤は“まだあまり実感がわかないですが、世界にまでハダシたちの姿が観ていただけているのかと思うと不思議な気持ちです”と喜びを言葉にした。小日向は“実は撮影期間中もコロナ禍だったので1度撮影が中断したんです。再びみんなで集まって、最後まで撮影を終えられたものがこうしていろんな国に届くというのが嬉しいです”と感慨深い様子。

映画祭のディレクターからもコロナ禍に言及したコメントが届いており、“映画が人類を救うことも可能だと描いているよう。私たちはコロナ禍でつらい1年を送ってきたが、本作の前向きさに励まされた” “人生を肯定していて、まさにパンデミック真っ只中の私たちに必要な映画と言える”とMCが読み上げると、金子は“このようなコメントをいただけて本当に嬉しいです。この作品は残り続けると思うし、誰かのバイブルになればいいなと思います”と感無量。

出来上がった作品を観た感想を聞かれると、甲田は“松本監督の作品なので、映像はもちろん、音楽もすごく楽しみだったんですが、主題歌も劇中の音楽も素敵でした! 実は私が作った曲も入れていただいたんです。ぜひチェックしてください”とアピール。板橋は“僕は青春って情熱だと思っていて、情熱ってたぶん一瞬で。でも、その輝きは永遠なんですよね。一瞬の永遠が凝縮されたものがそのまま映像になった、気持ちが良い映画です”と作品の魅力を熱く語った。

最後に松本監督が“この瞬間のこのみんなを映せたこと、そしてそれを観てもらえることが本当に嬉しい。目に焼きつけてほしいなと思います”と力強いメッセージを送ると、主演の伊藤は“この作品は高校生が映画作りに励む話だけれど、描かれているのは「好き」という気持ちや情熱です。それはもの作りに大切な第一歩の初期衝動。この作品を観ることによってその気持ちを思い出したり、一歩踏み出そうとしている方の励みになったら嬉しいです。ハダシが時代劇に影響を受けて映画を作ったように、何年後か先にこの作品を観た人にも影響を与えられるような、そんな未来に繋がる作品になっていると思います”と本作への熱い想いとメッセージで締めくくった。

海外映画祭ディレクターコメント

ファンタジア国際映画祭(カナダ):
松本壮史監督の『サマーフィルムにのって』はエネルギッシュでキラキラ輝いていて、観る人の心をつかんで離さない初長編。夏にピッタリの作品です! 高校生の青春ストーリーに、SF要素を巧みに織り交ぜていて(これは意外な展開)、映画が秘める可能性も示してくれています。チャンバラ映画のファンにとっても見どころは満載。自分らしさを貫く大切さや、私たちが“映画”に恋をした理由を思い出させてくれる作品です。

メルボルン国際映画祭(オーストラリア):
『サマーフィルムにのって』は観た瞬間に、<MIFF Schools>に打ってつけ映画だと直感でわかりました。映画作りと友情を前向きかつ喜びいっぱいに描いていて、観た人々は現代の作品、過去の名作にかかわらず、映画というものにもっと興味を抱くはずです。映画の灯を消さないためには、才能を育てることがいかに大切かをこの映画は示してくれて、これまで監督たちをサポートしてきた映画祭として、非常に共感できる作品でした。Vive le Cinema!

アジアンサマー映画祭(スペイン):
『サマーフィルムにのって』は映画を愛する人々にピッタリのフィールグッドムービー(鑑賞後に気分がよくなる映画)です。夏の熱気が感じられる、魔法のように輝いている作品で、さらに若者たちが夢を追いかける日々をともに楽しむこともできます。<アジアンサマー映画祭>では数々の日本映画を上映してきましたが、ここ数年の中でも突出していると思います。ハダシたちと同様、映画が大好きな私たちは、容易に彼らの姿と自分たちを重ねることができました。

JAPAN CUTS(アメリカ):
『サマーフィルムにのって』を今年の<JAPAN CUTS>で上映できることがとても嬉しく思います。松本壮史監督の初長編は、非常にエネルギッシュで愛にあふれたロマンティックティーンコメディであり、チャンバラ映画に敬意を払うと同時に、映画が人類を救うことも可能だと巧妙な形で示しています。コロナ禍でつらい1年を送ってきた私たちにとって、本作の前向きさはとてもありがたいことであり、今年の夏、NYのみなさんに観てもらえることが本当に楽しみです!

NIPPON CONNECTION(ドイツ):
映画作りへのラブレターでもあり、心温まる青春ストーリーでもあり、独創的なSFコメディでもある『サマーフィルムにのって』。松本壮史監督は異なるジャンルを融合させて、壮大なストーリーを編み出しており、想像を超えた素晴らしいデビュー作に仕上がっています。作品全体の雰囲気が前向きで、人生も肯定していて、まさにパンデミック真っ只中の私たちに必要な映画だと言えます。さらにキャストも輝いていて、中でも主演女優の伊藤万理華は大発見でした!

カメラジャパン・フェスティバル(オランダ):
『サマーフィルムにのって』は映画作りに対する情熱を描いた、熱のこもった作品で、根気と創造力さえあれば、目標の達成は可能だということを私たちに示してくれている。

映画『サマーフィルムにのって』

2021年8月6日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国ロードショー
伊藤万理華 金子大地 河合優実 祷キララ 
小日向星一 池田永吉 篠田諒 甲田まひる ゆうたろう 篠原悠伸 板橋駿谷
監督:松本壮史 脚本:三浦直之(ロロ)、松本壮史
主題歌:Cody・Lee(李)「異星人と熱帯夜」(sakuramachi records)
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ
制作プロダクション:パイプライン

ストーリー
時代劇オタクの女子高生監督が主役に抜擢したのはタイムトラベラー!?
勝新を敬愛する高校3年生のハダシ。キラキラ恋愛映画ばかりの映画部では、撮りたい時代劇を作れずにくすぶっていた。そんなある日、彼女の前に現れたのは武士役にぴったりな凛太郎。すぐさま個性豊かな仲間を集め出したハダシは、文化祭でのゲリラ上映を目指すことに。青春すべてをかけた映画作りの中で、ハダシは凛太郎へほのかな恋心を抱き始めるが、彼には未来からやってきたタイムトラベラーだという秘密があった――。

関連リンク

映画公式サイト映画公式Twitter

©サマーフィルムにのって製作委員会

関連リンク

  • 7/15 10:55
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます