【ダイエット成功“激ヤセ”芸能人ランキング】「ゆりやんだけじゃない」35キロ、45キロの減量に成功!

拡大画像を見る

 コロナ禍のステイホームで、ふだんよりも家で過ごす時間が増えたため、自宅トレーニングを始める人が増えたという。

 なかなか外に出られない中、ついつい食に走ってしまう人も多い。運動不足の解消やダイエットのために、ストレッチやヨガ、ウェイトトレーニングなどは、室内でもできるため人気だ。また、外食が減ったことで食生活を見直す人も増え、結果的にダイエットに結びつくこともある。

 昨年のステイホーム期間には、多くの芸能人もトレーニング風景をインスタグラムなどで発信、10キロ以上の激ヤセぶりを披露した人たちもいた。そこで10~30代の女性100人に「ダイエット大成功芸能人」について聞いてみた。

 第3位は、菊地亜美と日本テレビの安村直樹アナウンサーが同率でランクイン。

 もともとぽっちゃりキャラだった菊池亜美は、結婚披露宴前の2018年にはダイエットに挑戦。RIZAP(ライザップ)のボディメイクで、低糖質な食事やトレーニングに取り組み、約4か月間で10.5キロのダイエットに成功。同年10月には、結婚披露宴で美しいウエディングドレス姿を披露した。

 昨年8月に第1子となる長女を出産、産後のふっくらとした体型のままテレビに復帰し、その無理をしない姿に世間のママたちから好意的な声が上がったが、今年1月には自身のYouTubeで産後ダイエットに失敗したことを告白。2021年中に8キロの減量を宣言、6月3日にはインスタグラムに「トレーニングようやく始めました」と、ジムでの写真をアップしていた。

 菊池を選んだ人からは、「ここまで人って変われるんだと驚いた」(39歳/女性)、「以前もきれいだったが、さらにきれいになった」(22歳/女性/主婦)、「前は太っていたけど、だらしなさのない体つきになったと感心した」(37歳/女性/広報・宣伝)などの理由が挙がった。

■実に35キロの減量に成功

 一方、『スッキリ』や『シューイチ』など情報番組で活躍する安村直樹アナは、以前はぽっちゃり体型で笑顔がかわいらしいキャラクターだったが、2019年4月から2020年7月にかけて、35キロのダイエットに成功。安村アナは、昨年行われる予定だった東京オリンピックのリポーターを担当する際、自らもきちんとした体で挑みたいと思い減量を決意。

 食事は白米を玄米にして、量は半分に減らし、夕食は18時までに終え、ステイホーム中は1日2時間ほど自宅でフィットネスバイクをこぐなどの努力を重ねたという。ダイエット中は、頑張るだけでなく大好きなゲームや映画も楽しみ、気分転換をしていたそうだ。

 そんな安村アナには、「太めのキャラだったので、激変に驚いた」(19歳/女性/学生・フリーター)、「昔のほうが良かったと思うほど痩せた」(23歳/女性/学生・フリーター)、「スッキリしてとても良いが、痩せたあとは疲れが見えることもあり、体調面が少し心配になった」(22歳/女性/学生・フリーター)など、痩せすぎを心配する人もいた。

■痩せてラウンドガールデビュー

 第2位は、モデルでタレントのゆきぽよ。

 ゆきぽよは、コロナ禍での自粛期間中に体重が過去最高の51.4キロまで増加。それをきっかけに今年1月からRIZAPのトレーニングや食事制限に取り組み、2か月間で4.6キロの減量に成功。体も引き締まり、今年5月には水着姿だけでなく筋肉も強調した3冊目の写真集『はじめまして。』(光文社)を発売。7月17日に開催される格闘技イベント『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN』では、スペシャルラウンドガールに初挑戦することも決まっている。

 ゆきぽよを選んだ人からは、「ライザップのCMを見たときに輝いていた」(19歳/女性/学生・フリーター)、「スリムかつ筋肉質になった」(32歳/女性/デザイン関係)、「痩せた方法を具体的に知りたいと思った」(20歳/女性/学生・フリーター)、「引き締まってますますかわいくなった」(38歳/女性/主婦)、「“キレイだなぁ~”と思ったけど、今後、同じことを続けないと維持できないので、リバウンドするんじゃないかとも感じる」(37歳/女性)など、さまざまな声が見られた。

■約1年半で45キロの減量に成功!

 そして第1位は、ゆりやんレトリィバァ。

 今年3月に『R-1グランプ 2021』(フジテレビ系)で優勝し、芸人としても絶好調のゆりやん。以前から大幅な減量がたびたび話題になっているが、ゆりやんがダイエットをスタートしたのは2018年11月にテレビ番組のダイエット企画がきっかけ。節制とトレーニングを続け、約1年半で45キロのダイエットに成功。今年4月放送の『セブンルール』(フジテレビ系)では、朝は野菜とくだもののジュースを飲むようにしていると明かすなど、現在も節制を続けているようだ。

 そんなゆりやんには、「何をして痩せたのかすごい気になった。すごく女性の魅力を感じるようになった」(25歳/女性/広報・宣伝)、「以前は癒し系なイメージだったけど、痩せてからはかっこよさを感じる」(21歳/女性/学生・フリーター)、「痩せてきれいになったし、健康的な体型に近づいた気がする」(25歳/女性/総務・人事・事務)、「太っていたときのほうが芸人らしさがあったけど、痩せてから体型をキープしている努力がすごいと思う」(25歳/女性)、「痩せたがゆりやんとしての個性は変わっていないし、健康的な良い痩せ方だと思う」(20歳/女性/学生・フリーター)など、称賛の声が続いた。

 第2位以下に圧倒的大差をつけてトップになったゆりやん。ただの激ヤセということではなく、時間をかけて健康的に痩せたことも評価されていた。気になるトップ10は、次ページで!

関連リンク

  • 7/15 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます