悪い印象を持っていた男性を見直す瞬間9パターン

悪いイメージを抱いていた男性にいいところを見せられて、そのギャップにキュンとする女性もいるようです。どんな瞬間に男性を見直したのか分かれば、悪い印象を覆し、恋愛へと発展させることができるかもしれません。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに「悪い印象を持っていた男性を見直す瞬間」を教えてもらいました。

【1】仕事中に重いものを持ってもらうなど、助けてもらったとき
「あんまり期待してなかったから、余計に意識しちゃいます」(20代女性)のように、仕事中に思わぬところでフォローされ、印象が変わることがあるようです。特に重いものを持つなど、女性が苦手な仕事を積極的にフォローするといいかもしれません。

【2】病気やケガについて心配されたとき
「体が弱っているときは、やさしさにも弱い」(20代女性)のように、体が弱っているときにやさしくされてキュンとしたという女性もいます。女性の顔色が悪いときやケガをしているときは、やさしく声をかけるようにしましょう。

【3】お年寄りや妊婦さんに席を譲ったのを見たとき
「チャラそうな人が、お年寄りに席を譲っているのを見て惚れた」(20代女性)のように、お年寄りや妊婦さんなどに対する配慮ある行動を見て見直すこともあるようです。いつ誰が見ているとも限らないので、普段から席を譲る習慣をつけておくといいでしょう。

【4】さりげなくドアを開けてくれるなど、親切にされたとき
「本当はやさしい人なのかなと思って意識する」(20代女性)のように、予想外のやさしさに触れて男性を見直すという女性もいます。つねに周囲に気を配るようにしておけば、女性と二人きりになったときも自然にやさしさをアピールできそうです。

【5】話しかけたら笑顔で対応してくれたとき
「笑顔で対応されたら、こっちも笑顔になりますね」(20代女性)のように、話しかけたときなどに笑顔で対応されて、印象が変わったという女性もいます。笑顔が苦手な方は、まずは笑顔であいさつをするところから練習するといいかもしれません。

【6】笑顔で「ありがとう」と言われたとき
「キチンとお礼ができるだけで、印象は変わります」(20代女性)のように、「ありがとう」と感謝された瞬間に、見え方が変わるという女性もいます。ただ「ありがとう」と言うだけでなく、笑顔を添えて言えばより好印象を与えることができそうです。

【7】動物をかわいがっているのを見たとき
「動物好きは無条件で、いい人に見える」(20代女性)のように、動物をかわいがっている様子を見て、好印象に変わることもあるようです。ペットを飼っている方や、動物好きな方は、露骨になり過ぎないように、さり気なくアピールしてみるといいかもしれません。

【8】人が嫌がる仕事を率先してやっているのを見たとき
「人のために働ける人は尊敬する」(20代女性)のように、人が嫌がることを自らすすんで引き受ける姿を見て、男性を見直すこともあるようです。人が嫌がることを率先してやれば、女性だけでなく周りからも一目置かれる存在になれるでしょう。

【9】本気で落ち込んでいる姿を見たとき
「弱いところを見せられてキュンとする」(20代女性)のように、男性が落ち込んでいる姿を見て母性をくすぐられる女性もいるようです。ただし、普段から強気な男性の場合は意外性があっていいですが、そうでない場合は、頼りない印象を与えてしまうでしょう。

他にはどんな「悪い印象を持っていた男性を見直す瞬間」があると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/15 8:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます