重岡大毅『#家族募集します』歴代最低視聴率!浮上の鍵は「あの朝ドラ女優」

拡大画像を見る

 ジャニーズWESTの重岡大毅(28)主演のドラマ『#家族募集します』(TBS系)の第1話が7月9日に放送され、平均世帯視聴率が7.7%(ビデオリサーチ調べ/関東地区/以下同)だったことが分かった。

 同局金曜ドラマ枠の初回は、前期の4月期放送の北川景子(34)主演『リコカツ』が9.7%、1月期放送の長瀬智也(42)主演『俺の家の話』が11.5%、昨年10月期放送の木村佳乃(45)主演『恋する母たち』が10.5%で、今回は低調なスタートとなった。

 このドラマは、SNSの“家族募集”で集まった、それぞれ悩みや秘密を抱えるシングルファーザー&マザーたちが、ひとつ屋根の下で子育てをしながら共に過ごし、家族になっていく姿を描くホームドラマ。脚本は俳優で脚本家のマギー(49)のオリジナル。

 第1話では、主人公の赤城俊平(重岡大毅)は、妻で絵本作家だったみどり(山本美月/29)に先立たれ、3か月前にシングルファーザーになったばかり。5歳の息子・陽(佐藤遙灯/5)を育てながら、児童図書を扱う小さな出版社に勤め、育児と仕事に追われる日々を過ごしていた。

 そんな中、幼なじみの小山内蒼介(仲野太賀/28)と偶然再会。俊平の事情を知った蒼介は、子育てをシェアして一緒に暮らそうと提案。蒼介は自身が働く古びたお好み焼き屋「にじや」を立て直すため、2階の空き物件で共同生活をして家賃収入を得ようと考えていたのだった。

 その夜、5歳の娘・雫(宮崎莉里沙/5)を育てるシングルマザーの教師・桃田礼(木村文乃/33)が、急な仕事で雫を預ける場所がなく困り果て、蒼介の投稿を見て電話をしてきて……という展開。

■重岡大毅と仲野太賀の泣きは絶賛

 俊平の悩みは、息子の陽にみどりの死を伝えていないことらしく、俊平のふとした「ママ」という言葉に、陽が「ねえ、ママは? ママに会いたい! ママどこにいるの?」と泣きぐずってしまうと、俊平は「パパもな、ママに会いたいよ」と陽を抱きしめるだけだった。

 今回のクライマックスは、俊平と蒼介のキャッチボールのシーンで、俊平は「大変だと思わないで聞いてね。むしろ笑ってほしいから」と前置きし、妻を亡くしてからの3か月の苦労を振り返り、「ずっとウソを続けている」と、みどりの死について陽をごまかし続けていた苦しみを吐露。

 続けて、俊平は「いつかさ、本当のこと言わなきゃいけないのかな? なんだ、もう俺、笑える話していんのに。蒼ちゃん。俺、涙腺壊れた」と泣き笑いで語り、なんとか笑顔を取り繕おうとする。

 すると、蒼介が俊平の肩を抱き、涙目で「お前は頑張ってる! お前はすっげえ頑張ってるぞ!」と叫び、子どもの頃と変わらない、髪の毛をクシャクシャにするスキンシップ。そして、いつの間にか2人を見守っていた礼も、肩を抱きあって泣き崩れる彼ら姿に涙を流していた。

 この泣き笑いのシーンに、視聴者はツイッター上で「涙腺やられた……重岡大毅さんが泣きながら笑うのと仲野大賀さんのこぼれた涙のシーンが特に」「ラストシーンの泣きの演技がめちゃくちゃ響いた」などと、感動の声を寄せていた。

■週末の夜には合わない?

 ツイッター上の反響は好評だったが、それが視聴率には繋がらなかった。この理由を探ってみると、重岡と仲野の泣きの演技が感動を呼んだ一方で、暑苦しくて見ていられない人が多かったようだ。

 重岡は力が入りすぎているし、仲野は体育会男子っぽいノリで圧が強い。さらに、木村が演じる礼も自分に厳しい頑なな性格で、メインの3人に緩急がない。それが、週末の金曜夜にリラックスしてドラマを見たい人には、受け入れてもらえなかったのかもしれない。

 スタートでつまづいてしまった同ドラマだが、11日に仲野が新型コロナに感染するというアクシデントも。日本テレビによると、共演者やスタッフは濃厚接触者に該当していないそうで、9日以降は撮影を休止しているが、再開は状況を見て判断し、放送に直ちに影響はないとしている。

 次回は、岸井ゆきの(29)が演じる、シンガーソングライター志望のシングルマザー・横瀬めいくが、6歳の息子と「にじや」に転がり込んでくるようだ。若くしてバイプレーヤー的な活躍を見せている岸井が、自由奔放な性格なキャラを演じ、重くなりがちな3人の雰囲気を、いい感じでかき回してくれることに期待したい。(ドラマライター・ヤマカワ)

関連リンク

  • 7/15 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます